TAL021便 口内炎との苦闘
b0186666_936134.jpg

昨日、今日と訓練が続きました。主な内容は、45度スティープターン、失速回復、トラフィックパターン、離着陸です。着陸以外は、順調に進んでるようです。なかなか、タッチダウン直前のフレアが掴めず、「ドスン」という着陸になってしまいます。だんだんと感覚を掴みつつありますが、まだまだです。コツがあったら、教えてください…。

さてさて、そんな風に訓練をやってますが、少し困ったことが…。日ごろの不摂生(?)が祟って、舌の横に口内炎が出来てしまいました。これが、フライトと何に関係があるのかと申しますと…航空無線(ATC)であります。サ行で噛みまくったりします。訓練機のレジは“N66540”です。まず、“66”の部分で口内炎をガジっと噛みます(涙)。ホノルル空港を呼び出す際、“HCF”(Honolulu Control Facilityの略)という単語を使うのですが、ここでもガジっと(涙×2)。おまけに、無線で喋ってるときに大揺れに遭い、ガジガジっ(落涙×100)。そんなフラフラ訓練機を尻目に、優雅にJALのダッシュ400が着陸していくのが見えました。ちきしょーー、カッコ良すぎるぜ!
[PR]
by TAROAIR | 2009-06-28 09:30 | フライトログ
<< TAL022便 オパカパカ TAL020便 カフェ・マハラニ >>