TAL027便 モクレレ航空~前編~
今回のマウイ旅行では、ホノルル/カフルイ(マウイ)線の復路で、モクレレ航空を利用しました。フライトルポを2章にわたってご紹介します。まずは、前編をご覧下さい。


・搭乗券
b0186666_18133220.jpg

ローコストキャリアでおなじみの、ペラペラ搭乗券です。座席は全席指定で、小型ジェット機ながらファーストクラスも設置されています。今回は、エコノミークラス利用です。チェックイン時に、預け荷物に重量制限があることが判明…、23キログラム以上だと25ドル徴収されます。往路で利用したハワイアン航空は、インターアイランド路線に限り、重量追加料金はありません。これは、大きな違いかも…。


・エンブラエル170
b0186666_18135260.jpg

これが搭乗機であります。小型ながらウィングレットを装備しており、なかなかカッコいい飛行機です♪ 日本でも、日本航空グループや、フジドリームエアラインで今年から導入が開始されています。


・エンブラエル170 (アップ)
b0186666_1814225.jpg

アメリカ本土に本社を置く、シャトル・アメリカ社による運航です。同社は、米大手航空会社のコミューターなど、地域路線を運航する会社です。


・アロハ航空の名残
b0186666_18141435.jpg

モクレレ航空は、アロハ航空の設備や施設を積極的に利用しているようです。地上車両や、ホノルル空港のゲートなど、アロハ航空で使用されていたものが中心です。


・機内へ
b0186666_18144029.jpg

さて、いよいよ搭乗です。機内は半分ほどしか埋まっていません…。ガラガラです。預け荷物超過料金などが響いてるのでしょうか、それともまだまだ知名度が低いのでしょうか…。消えてなくならないことを祈るばかりです。

次回は、キャビンを紹介します!
[PR]
by TAROAIR | 2009-07-14 18:10 | 飛行機
<< TAL028便 モクレレ航空~後編~ TAL026便 パンの飛行機 ① >>