TAL070便 チェックライドは…。
b0186666_9131576.jpg

つい先日、運休宣言を致しましたが、諸事情により、運航再開です!10月8日より、2週間半ほどジャポンへ帰ることになっています。「8日までに、免許を取れれば良いなぁ。」と教官と言っていて、最終試験(チェックライド)の受験資格まで、単独飛行で0.4時間を消化するのみとなっていました。…が、今日…。

教:「太郎!チェックライド(最終試験)は、11月初旬でも良いか?」
太:「良いでっせ。ワタクシ、なんか、やらかしたでしょうか?(ドキドキ)」
教:「いや、フライトは全く問題ない。試験官の都合なんだわさ。」
太:「ありゃま、アポが取れんかったんですか?」
教:「そう…。試験の際、オマエには、ノースウエストのA330の現役パイロットと飛んで欲しい。」
太:「うおぉぉっ!エアラインパイロットが試験官ですか!!」
教:「ははは、良いだろう!その試験官が、10月下旬にならんと、ホノルルに戻ってこないんだ。」太:「そういうことですか!ラジャっ。」
教:「日本にいる間、口答試験の勉強もできるから、良いだろ♪」
太:「おぉっ!そうですな!!」
教:「そのほかにも、試験のポイントをメールしとくぜ!何も心配するな!!」
太:「ありがとう!サンキュー!謝謝!」

ということで、チェックライドは11月に持ち越しとなりました。操縦を2週間以上も空けて大丈夫かなぁ…なんて思ってましたが、今までにも2週間ぐらい空くことはありました。マニュアルを持って帰って、妄想トレーニングに勤しもうと思います。大分市内で、「Cleared to land RWY4L 540!」などブツブツ言いながら歩いている男がいたら、それは間違いなくワタクシです…。


画像:昨日のカフルイ空港への単独野外飛行(ラナイ島付近@4500ft)
[PR]
by TAROAIR | 2009-10-01 09:00
<< TAL071便 光と影の季節 TAL運航本部より >>