TAL091便 ブーゲンビリア
ソロモン諸島に位置するブーゲンビル島といえば、連合艦隊司令長官山本五十六が戦死した島であります。そのブーゲンビル島を発見したのは、フランス人探検家ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルです。そして、ブーガンヴィルが命名の由来となった木が、ハワイでも頻繁に目にするブーゲンビリアであります。


・大分のブーゲンビリア
b0186666_1833160.jpg

若竹園の裏に位置する、若竹パーキングには、ブーゲンビリアが咲いています。これは、じいちゃんが約23年前に植えたものです。今では、ブーゲンビリア3世まで育っており、写真は最も大きく育っている1世です。写真でもお分かりの通り、ビルを這うようにブーゲンビリアが咲いてます。


・この素晴らしき世界
b0186666_1824335.jpg

このブーゲンビリアを見ると、“WHAT A WONDERFUL WORLD”が頭を駆け巡ります。細い根元から、こんなに大きな生命が育っていくことを考えれば、自然のパワーの凄さを思い知ることができます。何も言わずに、黙々と大きくなって、まるで若竹園を支えてくれているかのようです。じいちゃんの愛情が、たっぷりなんやと思います。


このブーゲンビリア1世と、ワタクシは、ほぼ同じ歳月を生きてきました。ワタクシの方が、ちょびっと先輩ですが、何もかも越されております(涙)。

若竹園へお越しの際は、ぜひ一度、ご覧ください♪
[PR]
by TAROAIR | 2009-11-20 18:00 | Le Salon de Oita
<< TAL092便 OPUS ONE TAL090便 じい&ばあ、帰国 >>