TAL113便 計器飛行証明へ
b0186666_1735659.jpg

1月5日(ハワイ時間)から、次のステップである計器飛行証明を取得するための、座学が始まっています。今日は、2回目の授業がありました。現在の自家用操縦士の免許では、有視界飛行でしか飛行機を飛ばすことができません。有視界飛行には、雲との距離や視程など条件があり、フライトをするにあたり、大きく天候に左右されます。計器飛行証明を取得することにより、フライトの際の計器への依存度を上げ、航空管制の指示に従いながら、有視界飛行ほどの制限を受けずに、飛行することが可能になります。現在、定期便のすべてのフライトは計器飛行方式を採用しています。ということは、エアラインパイロットに近い飛ばし方を勉強するわけです。

座学の方も、5人の生徒と小さなクラスで、和気藹々とやっております。今日も、校長先生のマウイ土産のクリスピークリームを片手に授業でした♪ 座学の先生は、ラッキーなことにワタクシの教官が担当することになり、環境はバッチリです!問題は、先日から風邪をこじらせてるのを治さなければなりませぬ(涙)。ということで、今週末は大人しくしておこうと思います(大人しくできるやろうか…)。実際の飛行訓練は来週末からとなりそうです。うぉーー、楽しみ!


画像:今日のホノルル空港(空の貴婦人とセブンツーセブン…いつの時代やねん!)
[PR]
by TAROAIR | 2010-01-08 17:30 | フライトログ
<< TAL114便 ジッピーズ TAL112便 豊後森機関庫 >>