TAL126便 ハワイ大分県人会
b0186666_17215232.jpg

本日、ハワイ日系人連合協会の新年会が行われました!大分県人会からは、14名が参加し、「別府音頭」と「温泉踊り」を披露しました。新年会には、在ホノルル日本国総領事を始め、約160名という大規模なものでした。色鮮やかな浴衣、法被を着て、練習を重ねた踊りを、無事に披露することができました。

今日の披露や練習を通じ、県人会の皆さんの団結力、大分県への想い、そして何よりも優しさを、改めて感じることができました。日本からハワイにやってきて、約半世紀、大分県や日本に帰ってないという方もいらっしゃいます。どんな思いで異国の地で暮らしてきたのか、これはワタクシには計り知れないものがあります。生まれたところを遠く離れたこの地で、日本の方々が活躍していることを誇りに思うとともに、今こうやって日本人として、ハワイで特に不自由なく暮らしていけているのは、先人の皆さんの努力があってからこそだと思います。心から感謝しています。

もちろん、これは大分県人会に限った事ではありませんし、悪いことをしてきた人もたくさんいます。でも、ハワイに住んで、県人会に入って、もっとも実感したことは、皆さんの日本へ対する思いです。日本を離れてから、やっとわかる日本の素晴らしさというものがあるんやと思います。日系人の皆さんは、日本の伝統行事や文化を大切にされています。日の丸を背負って、活躍してきた方々を見ると、日本人でよかったと心底思います。自分の国を愛するという、ごく普通の考えが、捻じ曲げられようとして……。この辺でやめておきます。

と、今回、日本からハワイに渡ってきた大先輩の皆さんと交流し、改めて感じることがたくさんありました。県人会に入ってよかった、と心から思いました。とても良い経験になったと思います。

なんか、いつもと違って、想いを殴り書きしてしまった…失礼いたしました。
[PR]
by TAROAIR | 2010-01-24 17:30 | ボイスレコーダー
<< TAL127便 VOG TAL125便 愛と風のように >>