カテゴリ:フライトログ( 33 )
TAL290便 デルタワン
b0186666_22253364.jpg


2015年6月、2年ぶりのハワイへ。
デルタ航空で福岡からホノルルへ飛びました。
機材はボーイング767-300ER、ウィングレット付きです。


・DELTA ONEキャビン
b0186666_22292672.jpg

ビジネスエリートからデルタワンというプロダクトに代わり、
シート自体に変化はないものの、シートのカバーに赤いラインが入り、
スタイリッシュな印象のキャビンに生まれ変わっていました。


・ミール
b0186666_2231364.jpg

洋食2種類、和食からのチョイスです。
これはステーキを選びました。
昔は前菜⇒メインでしたが、一気にひとつのトレイに乗って出てきます。
前菜は白ワイン、メインは赤ワイン…などとゆっくり頂けず残念です。

・ホノルル空港
b0186666_22315480.jpg

2年ぶりのハワイの空です。
せっかくのハワイで撮った写真の数々、備忘録的に。
[PR]
by TAROAIR | 2015-12-27 22:30 | フライトログ
TAL261便 Dream Skyward


今日、ハワイでの最後のフライトを無事に終えました。昨年の5月ごろに本格的な訓練が始まり、計器飛行証明までのライセンスを取得することが出来ました。家族や仲間をはじめ、たくさんの方々のおかげで、大好きな飛行機に囲まれる生活を送れました。せっかく取得したライセンスです、これから日本でも飛び続けられる環境を模索中です。が、少しの間、翼をたたんでおこうと思います。皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by TAROAIR | 2010-11-15 18:30 | フライトログ
TAL220便 スカイワゴン
双発機を止めたあんこ機長、これからは今まで操縦してきた機体の慣熟訓練を行うことにしました。長らく飛んでいなかったのもありますし、訓練での飛行ばかりだったので、応用に自信がありませんでした。ということで、空港のランプで教官を待っていると…。

教官:「TARO、今からオレのヒコーキでマウイ行こうぜ!」
TARO:「え?マウイ?」
教官:「友達をピックアップしに行くんだ。」
TARO:「練習は?」
教官:「そんなことより、Exciting Adventureしよーぜ!おまけにタダだぜ。」
TARO:「タダ?」
教官:「行きのフェリーフライトは、オマエが操縦しろ!」
教官&TARO:「ヒーーハーーーっ!」

ということで、教官が買ったオンボロセスナでマウイ島に行くことになりました。セスナと言っても、いつもの4人乗りではなく7人乗りの大型セスナです。ワタクシが今まで操縦した飛行機の中で、最も大きな機体であります。


・セスナ207“スカイワゴン”
b0186666_16342277.jpg

これが今日の相棒です。一見、普通のセスナですが、デカイです。


・コックピット
b0186666_16343592.jpg

見た目とベーシックな操縦方法は、今までの機体とほとんど同じです。オンボロのくせに、オートパイロットなんて便利なものが付いてました。もちろん、オートパイロット体験もさせてくれました!
いやはや、ワタクシのようなパイロットにはぴったりの装備でした、ははは。これなら操縦中におはぎと牛乳を一緒に頂けます。


・キャビン
b0186666_16345136.jpg

内装の壁、剥がしとるし…。金属感あふれるキャビンです。与圧が必要な高度を飛行しないので、問題ありません…多分。訓練や遊覧飛行で使用されるセスナ172に搭乗されたことのある方は、広さの違いがわかるかもしれませんね。とにかく広いです。


往路は時間があったので、この機体で訓練空域に行き急旋回の練習をしました。その後、エヴァ方面にあるカラエロア空港でタッチ&ゴーの練習をしまくり、一路マウイ島はカフルイ空港へ向かいました。とにかく操縦桿とラダーが重かったです…、でも機体が大きくパワーもあるので非常に安定した飛行でした。とても貴重な経験ができました。教官よ、ありがとう!
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-24 16:30 | フライトログ
TAL219便 ON THE ROAD
b0186666_1045343.jpg

ちょうど1年前のブログを読んでみると、初めて自力でスムーズな着陸したという記事がありました。あれから1年が経ち、自家用パイロットになり、計器飛行証明を取得し、たくさんの貴重な経験をすることが出来ました。楽しかったこと、辛かったこと、色んな事がありました。改めて思い返してみると、本当に充実したことばかりでした。

ワタクシ、昨日をもって双発機の訓練を止めました。自分で決めたことです、悔いは残さないようにします。教官をはじめ、良き理解者の方々に恵まれ、本当に感謝しております。これで「免許取得」という名のもとの訓練はすべて終わりです。今まで応援して頂き、本当にありがとうございました。たくさんの皆さまに支えられ、とても励みになりました。飛べないあんこは、ただのあんこ。もちろん、ワタクシは飛び続けます。残りのハワイ生活とフライトを、思う存分満喫しようと思います。

取り急ぎ、ご報告まで。
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-23 11:00 | フライトログ
TAL191便 Gear Up!
b0186666_1764589.jpg

やっと双発機デビューをいたしました!教官と地上でのブリーフィングの後、いざコックピットへ。セスナよりエンジンの重低音が心地いい感じです。離陸すると、セスナでは味わった事のない上昇性能です。ぐんぐん上がっていきます。さらに引っ込み式のギアなので、“Gear up!”や“Gear down!”のコールが田宮二郎気分を盛り上げてくれます(妄想中)。空中では失速と急旋回などを行い、飛行機の操作に慣れる訓練でした。さらに、タッチ&ゴーも行いました。今までのセスナに比べると操作量は多いですが、着陸自体は簡単やったかもしれません。「カサっ」というスムーズな着陸で、ホッと安心。学ぶことの多い、非常に充実した一日でした!

ただひとつ、この飛行機に欠点があります…。左右エンジンのスロットルレバー(クルマで言うアクセル)の重さが不均一やったりします。よく計器を見らんと、片方のエンジンだけパワー不足なんてこともありました…。教官が鼻くそをほじくりながら「慣れるぜ!」と言っていたので、そのうち使いこなせるようになるでしょう…。
[PR]
by TAROAIR | 2010-06-14 17:00 | フライトログ
TAL190便 Travel Air
今日、やっと双発機での訓練に突入いたしました。つい先日TSAから双発機訓練開始の許可が下りたのですが、教官の都合やワタクシの腰痛、飛行機のメンテナンスなどが重なり、なかなか実際に飛べずにおりました。そして待ちに待った今日、はたしてあんこ機長は双発機で飛べたのでしょうか…。


・ビーチクラフトB95 “トラベルエアー”
b0186666_1659575.jpg

新たな相棒となる双発機です。セスナと比べると、ずいぶん大きく頑丈に見えます。そして注目すべき点は、1960年生まれ…。我が母ちゃんよりち~っと若いベテラン機であります。銀色の翼に、無骨なリベットの数々、半世紀にわたって飛び続けてきた、数々の物語が詰まっていそうな感じです。


・コックピット
b0186666_1704573.jpg

今まで操縦してきたセスナ(C172)と比べると、ずいぶん広い印象です。エンジンの数が増えているので、計器も多くなっています。それに伴い、もちろん飛行中の操作も増えます。で、飛ぶ予定やったのですが、地上での説明で時間がオーバーし、明日へと持ち越しになりました。明日、いよいよ双発機デビューの日となりそうです!


・ブレゲ
b0186666_171149.jpg

操縦桿の真ん中に、目を引く時計(ストップウォッチ機能付き)が付いておりました。かっこいいなぁと触りまくっていたら、教官が鼻くそほじりながら「それ、ブレゲやぞ」と。おぉ、あのおフランスの時計メーカーじゃありませんか。たしか、時計のブレゲと飛行機メーカーのブレゲーって同じだったはず(調べろってね)。高級時計を身につけていらっしゃる…、さすが50歳の貫録ですなぁ。


・おすそ分け
b0186666_17117100.jpg

帰宅後、夕食を済ませ明日のフライトの準備と予習をしていました。すると、人が訪れることのないアジトにノックの音が…。どこの組織の人間か?と出てみると、ご近所さんでした。カップケーキのおすそ分けを、わざわざ持ってきてくれたのであります。いや~、本当にありがたいことです。美味しく頂きました。あ、減量中なのに一気に食ってしもうた(涙)。


ということで、コックピットの説明、エンジンの始動の仕方などを教わり、今日は無事に終了しました。飛びませんでしたが、実際にコックピットに触れ、学ぶことの多い一日でした。いや~、明日が楽しみであります。
[PR]
by TAROAIR | 2010-06-13 17:00 | フライトログ
TAL180便 お久しぶりね
今日は、久しぶりのフライトでした。約一ヵ月半のブランクのうえ、長いこと飛んでない有視界飛行方式での飛行でした。教官とワタクシは、ふたりのスローガンである“Make Magic Happen!”と“Exciting Adventure!”を叫びながら、セスナへと向かいます。燃料の匂い、離陸していく飛行機の音…すべてが五感を刺激します。操縦席に腰をおろせば、言いようのない昂揚感でいっぱいになりました。で…。


・久しぶりの飛行は…。
b0186666_16523983.jpg

ノースショアにあるディリングハム飛行場へ飛んできました。滑走路の幅が狭いうえに、独特の着陸方式があったりします。着陸直前まで600フィートを維持し、空港敷地内に入ると同時に一気にダイブして着陸させます。一ヵ月半ぶり、そして初めての空港…最初は「ひょえー高っ、大丈夫か!?」と思いましたが、何とか着陸。滑走路の幅も狭いので、より一層高度が高く感じるんですよね。一回コツをつかめば、あとはこっちのもんです。何度かダッチ&ゴーを繰り返し、無事に感覚を取り戻しました。

復路は、ノースショアの海岸線から島中部のウィーラー陸軍基地まで、同じクラブの飛行機とレースをしました。あちらさんの方が高性能機なのに、勝っちまいました。向こうは普通体系のおっさんが3人、こちらは太めの体形のおっさんが2人…、ううむ。「TARO、おまえはレースパイロットになれ!」と言われました。


・お好み焼き
b0186666_16525432.jpg

また食べ物ネタか!とお叱りを受けそうですが…、質問です。ワタクシ、お好み焼きが無性に食べたくなりまして、初めて自分で作りました。ドンキにオタフクの粉とソースがあったので、それを使ってみました。経費削減のため、具はキャベツとポークだけです。食べてみると、中はフワっトロ~って感じで美味いではないですか!キャベツたっぷりで食物繊維も摂れるし、TAL経費削減にも良いではないかと…。で、ここで質問です。「お好み焼きの具に、これを入れんさいやーっ!」ってのがあれば、教えてください…。あ、ローコストでハワイで手に入りやすいものでお願いします。あんこはNGです。皆さんのお便り、どんどんお待ちしております!

今日のブログ、長っ(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-30 17:00 | フライトログ
TAL臨時便 ちょっと気取ってみませんか
b0186666_11314371.jpg

本日、無事に計器飛行証明を取得いたしました!3月30日がチェックライド予定日でした。が、悪天候だったため、口頭試問だけ行い実地試験はキャンセルしました。ここ数日、強風(春一番?)が続いていたため、やっと本日、フライトの実地試験を行うことができました。今日も風は強めだったのですが、なんとかフライトを無事に終えることができました。

実はこの試験、試験官が計器飛行証明の試験官になるためのチェックライド(試験)でもありました。ややこしいですが、ワタクシを試験する試験官を試験する試験官もずっと一緒なのです、ははは(涙)。超簡単に言えば、通常より一人多いわけです。ワタクシの試験官は以前と同じデルタ航空(A330)のキャプテンだったので、前ほどドキドキはありません。が…、試験官を試験する試験官はFAA(連邦航空局)の人であります…これがドキドキ。FAAのおいさん曰く「オレは乗ってないと思って飛んでくれ。」と…、そんなこと思えるかいっ!まぁ、無事に終わったので何よりでした。


画像:試験前日に和気藹々と勉強(?)する教官とワタクシ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-04-03 11:30 | フライトログ
TAL160便 学科試験
b0186666_17355588.jpg

本日、学科試験をパスいたしました。ひぃーーはーーーっ!自家用操縦士ライセンスのときと同じく、約900問の決められた問題の中から60問が出題されます。全て選択問題で、パソコンで受験します。合格ラインは70%なので、単純計算で行くと18問まで間違えることができます。今回は6問の間違えがあったので、90%でのパスでした。自家用のときより、ちょっとスコアを落としてしまいました…。教官曰く、「90%台前半が口頭試問に有利なんだ。100%だと賢いと思われて根掘り葉掘り聞かれる。逆に80%台を切ると、超基本的なことから細かく質問されるんだ!」とのことでした。ふふふ、ピッタシやん。次は口頭試問を含むチェックライドへ向けて、またトレーニングセンター入り浸りの日々が続きます…。気を緩めずに、しっかりと飛んでまいります!

ということで、明日から休暇がてらビッグアイランド(ハワイ島)へ行ってまいります。パソコンは持っていきませんので、TALはしばらくお休みさせて頂きます。寒の戻りで日本はとても寒くなっていると聞いております。どなたさまもお体に気をつけて、どうぞお元気でお過ごしください。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-10 17:30 | フライトログ
TAL158便 セキララ
ブログを読み返してみると、訓練の様子が全くありません(涙)。ということで、最近の様子をセキララ(?)にご紹介いたします。ここ数日、ハワイの空は荒れ気味です。ワイキキにいても「風が強めかなぁ」ぐらいなんですが、遮るもののない空港に行くと大変です。風のほか、雲や雨も発生しており、ヒコーキに乗るとタービュランスの洗礼も受けます…。そんな状況の中、似たような体形のおっさん二人(ワタクシと教官)は果敢に空に挑みます。大きな揺れに遭うたびに、おっさん2名は狭いセスナの機内で「ヒーーハーーーっ!」と叫んでおります(小杉かっ!)。なんとほのぼのとした光景なんでしょう、って想像したくないですね…ははは。


・トレーニングセンター
b0186666_1753458.jpg

テストも近くなってきたので、最近は朝から夕方までトレーニングセンターに籠っております。ワタクシの教官であるJ氏も、ソファに寝てたりご飯を食べてたり、ここを自分の住処のように過ごしております。で、「TAROとJ氏はいつも居るなぁ、ここに住んでるんか?」とよくからかわれます…。受付の仕事をされている校長先生の奥さまからも、お墨付きを頂いております(なんじゃそりゃ)。アジトより十二分に広いし、コーヒーは飲み放題やし、インターネットもタダやし、ランプに出ればヒコーキも見放題やし、ヒコーキの話し相手もおるし、結構快適かも♪


ってな感じで毎日を過ごしております。ホノルル空港の一角で、似たようなコロッとした体形の白人&アジア人が歩いてたら、それは高い確率で我がコンビであります。って、誰も見てないか…あははは。いやー、ほんとに最高のチームやと思います。

ううむ、あんまりセキララやなかったかも…(涙の撤収)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-06 17:00 | フライトログ