<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
TAL045便 1985年8月12日
b0186666_15524827.jpg

1985年8月12日午後6時56分ごろ、日本航空123便が、群馬県御巣鷹山の尾根に墜落しました。乗員乗客524名のうち、520名の方が、この事故により命を落としました。たくさんの報道や特別番組で、この事故の詳細をご存知の方は多いと思います。123便墜落事故は、単独機による史上最悪の事故でもあります。機内で最後の瞬間を過ごした乗員乗客、最後までコントロールし続けたパイロット、そして事故により深い心の傷を残されたであろうご遺族の皆さま、これらを思うと、胸が苦しくなり、言葉を失ってしまいます。怖かっただろう、無念だっただろう、悔しかっただろう…、どんなお気持ちだったかは、当事者ではない人間に推し量ることは出来ません。ここ最近、エールフランス機をはじめ、航空機事故が目立ってきているように思います。技術の発展が遅れている発展途上国では、航空事故は大きな課題でもあります。不適切な整備や状態であれば、小さな虫一匹が原因で、旅客機は墜落してしまいます。いかに事故を無くすか、これは航空業界の永遠の課題だと思います。墜落事故により、命を落とされた方々のご冥福をお祈りするとともに、今後の空の安全が確立されていくことを、心から願っています。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-12 15:30 | 飛行機
TAL044便 マハロ航空
b0186666_18214859.jpg

マハロ航空をご存知ですか?1990年代前半から後半にかけて、ハワイの空に参入した航空会社です。「ありがとう航空」というユニークなネーミングも空しく、10年と持たずに経営破たんし、幻の翼となりました。使用機材は、なんと「フレンドシップ」という愛称で親しまれた、フォッカーF27という機材でした。1960年代、全日空の創成期に大活躍した、同社の功労機でもあります。我がかあちゃんも、全日空のフレンドシップにはよく搭乗していた…らしいです。話が逸れましたが、そんなマハロ航空のオフィスらしき跡を発見しました!うちのトレーニングセンターと、同じ建物に入居していたのです!その向いには、ノースロップ・グラマンという製造メーカーのオフィス跡もあったりして、結構刺激的な建物だったりします。しかし、こんなん見て喜びよん日本人も、そげえおらんやろうなぁ(涙)…。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-11 18:30 | 飛行機
TAL043便 プレフ・ポークリブ
b0186666_17103498.jpg

フライトの帰りの食事といえば、メグズ、ボブズ、バイロンズが定番のコースになりました。メグズは、だいたい何を食べても美味しいです。ボブズは、なんと言っても焼き鯖です。そしてバイロンズはというと…、今までに「こりゃ、うめぇ!」と思う料理に出逢えていませんでした。がしかし…、やっと本日、バイロンズで美味いプレートを発見したのであります!それは、プレフ・ポークリブです。写真を見るとお分かりですが、ものすごいボリュームです。リブさまが、8本ぐらい鎮座されておりました。可食部が少ないリブとはいえ、これだけあれば大満足です。プレフとは、ソルト&ペッパーで味付けされた、シンプルなスタイルのことです。そして、手前のカップに入ってるのが、玉ねぎや薬味が入ったポン酢ソースです。これまた、サッパリしてて、リブに良く合うのであります。あっ、このメニュー、「本日のスペシャル」やった…、次はいつ食えるんでしょう(涙×100)。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-10 17:00 | クルーミール
TAL042便 パンの飛行機 ②
b0186666_17414960.jpg

以前、「パンの飛行機」という記事を書きました。それは、LOVE'Sというパン屋さんの塗装を施した、ALOHA AIR CARGOの特別塗装機でした。今回は…本当にパンの飛行機を発見してしまいました。じい&ばあちゃんがエルメスでお買い物をしたときのこと、新作カタログとマガジンを頂きました。そのマガジンの表紙が、なんと「パンの飛行機」だったのです。


・マガジン
b0186666_1742762.jpg

ほぼ全てにバゲットを多用しており、車輪までパンで出来ています。本物のパンで出来てるかどうかは、わかりませんが、実に良く出来ています。さすが、おフランス人の考えることは一味違います!


・拡大
b0186666_17422268.jpg

綺麗なおねえさまが、コックピットから微笑みかけております。一緒に乗せてもらいたいですが、私が乗ったら確実に折れます。


そうそう。フランスとパンで思い出しましたが、ひとつ夢があります。バゲットを覗かせた茶色い紙袋を抱えて、フランスの街角を歩きたいのであります。そして、狭~いスペースに駐車した、古~いシトロエン2CVに乗り込む…。エールフランスでも、シャネルでも、エルメスでもない、ワタクシのフランスへの憧れです。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-06 17:30 | 飛行機
TAL041便 TAL's Choice
b0186666_17512633.jpg

TALの旅行会社部門、TAL vacationsでは、レンタカーを利用したエスコートツアーをご用意しております。その中でも、必ず立ち寄るふたつのお店を紹介します。「TAROは、このふたつしか連れて行ってくれん…(涙)。違うもん食わせろ。」なんて、思われてるかもしれませんが…。このふたつのお店をカヴァーしてるツアーは、我がTAL vacationsだけだと思われます!!


・アイスガーデン
b0186666_17514316.jpg

アイエアというエリアにある、アイエア・ショッピングセンターの中にあります。台湾のおばあちゃんが経営されているカキ氷屋さんです。たくさんの種類のカキ氷がありますが、その中でも超オススメが、プリン・白玉・ミルクのせカキ氷(№7)です。雪のようなサラッとした氷、ミルク、白玉、そして素朴なプリンが、最高のハーモニーを演出します。特筆すべきは、この手作りプリンです。卵の味がしっかり活きていて、微かに塩気を感じる甘味…、素朴な美味しさが飽きさせません。最近は、この№7に、タロイモの餡をトッピングするのがお気に入りです。タロイモの餡は、甘さがしつこくなく、さらに美味しさを倍増させてくれます♪ あ、共食いではございません。


・マウイマイクス
b0186666_1752149.jpg

オアフ島でチキンといえば、このお店でしょう!オアフ島のど真ん中、ワヒアワという町にあります。このお店のメニューは、チキンを使ったものしかありません。その中でも、定番のローストチキンを食してみてください。ジューシーで柔らかなお肉の虜になるはずです。あまりの美味しさに、おしゃべりも忘れ、チキンを食べることに集中してしまいます。蟹を食べると静かになる…と似たような感じでしょうか。近くには、ウィーラーという米陸軍の空港があり、お昼時になると軍人さんで溢れかえります。あ、ちなみに、ワヒアワの上空ぐらいでフライトトレーニングすることがあります。すると上空まで、このチキンの香りが漂ってくる…わけないか。


ふたつとも、TBI(ザ・ブログ)時代からお馴染みのお店です。テディーズや高橋果実店に並ぶ、「禁断症状」が発症するお店でもあります。うっ…、写真見てたら禁断症状が…(号泣)。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-05 17:59 | TAL vacations
TAL040便 マリポサ
b0186666_1715749.jpg

我がじいちゃんは、ニーマンマーカス大好きです。アラモアナセンターへ行ったら、必ず立ち寄るお店のひとつです。ということは…、かなりの頻度で行っております。何か買うときもあれば、見るだけのときもあり、「よく飽きんなぁ…」と感心するほどです。紳士服売り場だけではなく、婦人服売り場にも行って、ばあちゃんの服をセレクトしたりと、買い物大好きなのです。たまに、ケンカしてることもありますが…。ま、ケンカするほど仲が良いとも言いますし。さてさて、そんなニーマンマーカスのレストラン、マリポサも我が家のお気に入りレストランのひとつであります。結局、食べることかい…(涙)。


・マリポササラダ
b0186666_171456.jpg

ここのサラダは、ドレッシングが最高です。ホワイトバルサミックヴィネガーの爽やかな甘酸っぱさが、草に良く合います。あ、草やなかった…野菜に。


・蟹とアボカドのブルスケッタ
b0186666_1711544.jpg

バゲットの上に、ローストトマト、蟹、アボカドがどっさりと盛られています。


・ニューヨークステーキ
b0186666_1712758.jpg

ここのステーキ、とても柔らかかったです!たっぷりのマッシュポテトの上に、ジューシーなお肉…最高の組み合わせです♪


・ポークチョップ
b0186666_1714585.jpg

このポークも、ジューシーで、ものすごく柔らかかったです!これには、雑穀米のリゾッチャ…やなかった、リゾットが添えられています。それがクリーミーで、チューイーで、脇役なのに主役の貫禄です。「おかわり!」と言いたくなる程でした…。


何度も申し上げますが、これも全部シェアです。一人で食べたら、カロリー超過どころか、破産してしまいます。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-04 17:08
TAL039便 親子丼
b0186666_17585346.jpg

「無性に食べたいけど、簡単に食べれないシリーズ」の、第2弾です。それが、写真の親子丼であります。日本帰省中に訪れた、東京は京橋のバルバリというお店の炭火焼親子丼です。スカイアライアンスメンバーのkenさんのオススメということで、頂いてきました。炭火で焼かれたジューシーな鶏肉、とろ~りとしたスクランブルエッグが、最高のハーモニーを奏でます。このお店に行った際は、あまりの空腹で写真も撮らず、一心不乱に食らい付きました。そんなワタクシを見かねてか、kenさんがわざわざ写真を撮って送ってくださいました…ありがとうございます。一風変わった美味しい親子丼、ハワイではなかなか見つかりません…。が、そんな状況をよそに、無性に食いたいのであります。フライトの後、この親子丼を掻きこんだら最高やろうなぁ。kenさん、素敵なお店を教えて頂き、ありがとうございました。今度は、ぜひご一緒に!
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-02 18:01