タグ:フライトログ ( 49 ) タグの人気記事
TAL290便 デルタワン
b0186666_22253364.jpg


2015年6月、2年ぶりのハワイへ。
デルタ航空で福岡からホノルルへ飛びました。
機材はボーイング767-300ER、ウィングレット付きです。


・DELTA ONEキャビン
b0186666_22292672.jpg

ビジネスエリートからデルタワンというプロダクトに代わり、
シート自体に変化はないものの、シートのカバーに赤いラインが入り、
スタイリッシュな印象のキャビンに生まれ変わっていました。


・ミール
b0186666_2231364.jpg

洋食2種類、和食からのチョイスです。
これはステーキを選びました。
昔は前菜⇒メインでしたが、一気にひとつのトレイに乗って出てきます。
前菜は白ワイン、メインは赤ワイン…などとゆっくり頂けず残念です。

・ホノルル空港
b0186666_22315480.jpg

2年ぶりのハワイの空です。
せっかくのハワイで撮った写真の数々、備忘録的に。
[PR]
by TAROAIR | 2015-12-27 22:30 | フライトログ
TAL285便 DL638便フライトルポ
デルタスカイクラブで、ビール3杯とワイン3杯を流し込んでいると、搭乗案内が始まりました。久しぶりのジャンボに心を躍らせ、機内へ吸い込まれていきます…。


・B747-400(@ホノルル空港)
b0186666_1784571.jpg

JALから完全引退したダッシュ400です。デルタ航空ではまだまだ現役バリバリ!ジャンボはやっぱり美しい…。


・ビジネスエリート
b0186666_1791769.jpg

旧ノースウエスト航空の機材なので、当時のワールドビジネスクラスがそのまま流用されています。シートの上に色んなものが盛られ過ぎです。広さは十分なのですが、ベッドモードにするとどうも体に合わず…。自分でちょうど良い角度に調整し、爆睡出来ました。


・ウェルカムシャンパン
b0186666_1793788.jpg

搭乗後、ウェルカムドリンクとして、オレンジジュースかシャンパンがサーブされます。迷わずシャンパンを頂きます。シート1Aというこの上ないプライベート空間で、グイグイと…。ちなみに、Aコンパートメント(B747の鼻の部分)は空席が目立ち、1Bも空席でした。おかげで、人目を気にせずグイグイと…。


・おつまみ
b0186666_17101356.jpg

離陸後、安定飛行に入りました。おつまみとドリンクがサービスされます。あられもちゃんと器に盛られてやってきます。え…なぜワインが2杯もあるかって?白ワインをオーダーし2種類のなかから迷っていると、2種類とも持って来てくれました。機内で飲み比べとは…。いよいよ機内食の時間です!


・アペタイザー
b0186666_1710378.jpg

スモークサーモンの手まり寿司、和風チキンロール、グリーンサラダ、ローストイエローピーマンのスープでした。スープ、クリーミーで好きかも。


・メインコース
b0186666_1711415.jpg

鶏胸肉とシトラスサラダ、マッシュポテト、アスパラガスのグリルとローストガーリック添えでした。デルタのシェフのお勧めとあったので頼んでみました。うん、たしかに美味しい。機内で再加熱するので、胸肉がちょっとパサついてますが、シトラスサラダと頂くとしっとり。で、結局機内でもワインを4杯…。全く酔わないのは、なぜ?


・デザート
b0186666_17112564.jpg

アイスクリームサンデーとフレッシュフルーツからのチョイスでした。前日、なんちゃってセレぶうさまから、「デルタに乗ったらアイスクリームを食べんといけんで!」と教えて頂いていたので、迷わずアイスクリームサンデーを…。で…でかいです。握りこぶし級のアイスに、チョコレートソースがたっぷり。ううむ、幸せ!


・到着前に
b0186666_17114955.jpg

午後7:00に成田を出発するフライトだったので、もちろん軽食も真っ暗な時間にサーブされます。日本時間午前1時過ぎ…、2度目の機内食を詰め込みます。乾燥した機内で爆睡した後の体に、果汁が沁み渡ります。


窓のシェードを開けてみると、水平線に朝陽が昇りつつあります。ダッシュ400は徐々に高度を下げ、ホノルル国際空港RWY4Rに軽いショックと共にタッチダウン。ちょっと湿り気のあるハワイの風を感じながら、1年ぶりのハワイの地を踏みしめました…。


つづく…(と思います)
[PR]
by TAROAIR | 2011-11-12 17:00 | 飛行機
TAL265便 続・CI017便
「元気ならブログを更新しろ!」と、どこかから声が聞こえてきました…。ということで、ワタクシは元気でございます。寒さがどんどん厳しくなってきておりますが、皆さまお変わりはありませんか?

ということで、ダイナスティの続きを紹介させて頂きます。ダイナスティ17便は、成田空港へ向け洋上飛行を続けています。ボリューム満点のランチを満喫した後…。


・アメニティキット
b0186666_21171244.jpg

さすがファーストクラス、アメニティキットはフェラガモ製でした。写真はありませんが、スリッパもふかふかでした。ラバトリーにも、フェラガモの乳液、ハンドソープ、香水が搭載されていました。


・ゲーム
b0186666_21172677.jpg

ワタクシ、唯一好きなゲームがマリオであります。画面が左右に動くマリオしかできませんが…。これ、時間つぶしに最適でした。4時間ぐらい熱中していたかも…。


・軽食
b0186666_211738100.jpg

到着前の軽食です。サンドウィッチ、寿司、中華からチョイスが可能でした。中華はお粥と聞いていたので、迷わずお粥を選択。薄味でしたが、さっぱりして美味しかったです。左上にあるのがブレッドタイプのマナプア、右上はお味噌汁でした。


・とどめのフルーツ
b0186666_21175193.jpg

もう食えん…と思っていたら、とどめのフルーツが運ばれてきました。いやはや…。


ダイナスティ17便は、小雨の成田国際空港へスムーズに着陸しました。機窓から、初めてエールフランスのA380を見ることが出来ました。JALの整備エリアには、ロゴを落とされたB747が寂しそうに並んでいました。


ダイナスティフライトルポ 完結
[PR]
by TAROAIR | 2010-12-15 21:30 | クルーミール
TAL263便 CI017便
皆さま、ご無沙汰しております。帰国後、特に抜け殻になることもなく、平穏な日々を過ごしております。で、大事な、最後のフライトルポのご紹介をすっかり忘れておりました。ということで、ホノルル/成田線の機内食をちょろっと…。


・ダイナスティ
b0186666_21282960.jpg

ワタクシ、最後のフライトは中華航空(チャイナエアライン)をチョイスしました。日本航空のホノルル線は、ダウンサイジングが進みB747での運航が1日1便となってしまいました。が、中華航空はまだまだ現役でジャンボが飛んでおります。


・ウーロン茶
b0186666_21335588.jpg

ふふふ…でへへ…ひょひょひょ…、今回はファーストクラスでのフライトでした。中華航空ならではの、高山烏龍茶を頂きました。日本でよくある「焦げた」感じのウーロン茶ではなく、お茶の香りがしっかりとしたものでした。ちゃんと、温かいお茶を淹れた後、冷たくしてサーブしてくれます。機内では、このウーロン茶とジャスミンティーを飲みまくりました。トイレに行きまくったということは内緒です…。


・アミューズブーシュ
b0186666_212941.jpg

何じゃったかな…これ。揚げ餃子の中身は、メキシカン満点なお豆が入っておりました。あとは、串カツと野菜のグリルです。ほうほう、これが国際線ファーストクラスか。


・アペタイザー
b0186666_21292265.jpg

ボリューミーなアペタイザーです。シュリンプのグリルに、フルーティーなサルサがハワイらしさを演出しております。


・バター
b0186666_21293987.jpg

このバター、素晴らしい演出をしております。中華航空のロゴマークである梅の花を模っていました。昔のJALやったら、鶴丸バター?


・スープ
b0186666_2130118.jpg

クラムチャウダーでした。ぼてっとしたスープではなく、サラッとしていました。「ハワイ搭載か?」と思うほど、上品な感じのクラムチャウダーでした。しかし、量が多い…。


・サラダ
b0186666_21303218.jpg

ぎょえっ…。プレートから溢れんばかりの草が盛られています。美味いけど…多い。


・ステーキ
b0186666_21305732.jpg

アントレはステーキ、サーモン、チキンからのチョイスでした。しまった…、これがホノルル搭載機内食を物語っておりました。不味くはないけど、JALのエグゼクティブクラスの方が美味いような気がしました。ソースのグレイビーソース、美味しいんだけどロコモコにかけたい感じ…。付け合わせのおびただしい量のリークと味がないマッシュルームのソテー…、お腹が一杯なこともあり残しちまいました。ごめんなさい。


・デザート
b0186666_21312769.jpg

デザートも、ケーキもしくはアイスクリームからチョイスが出来ます。これは美味しかった。いやー、満足満足。


ダイナスティのB747は成田へ向けて太平洋を飛び続けます…。つづく。


※クイズ※
「ダイナスティ(和訳=王朝)」とは何のことでしょう?
[PR]
by TAROAIR | 2010-12-04 21:30 | クルーミール
TAL261便 Dream Skyward


今日、ハワイでの最後のフライトを無事に終えました。昨年の5月ごろに本格的な訓練が始まり、計器飛行証明までのライセンスを取得することが出来ました。家族や仲間をはじめ、たくさんの方々のおかげで、大好きな飛行機に囲まれる生活を送れました。せっかく取得したライセンスです、これから日本でも飛び続けられる環境を模索中です。が、少しの間、翼をたたんでおこうと思います。皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by TAROAIR | 2010-11-15 18:30 | フライトログ
TAL225便 にんにくフライト
b0186666_1732312.jpg

今日は久しぶりのC172での慣熟訓練でした。久しぶりの機体で不安もありましたが、離着陸を含め順調に進みました。古巣に帰ったというか…、狭くても非常に居心地のいいコックピットであります。フライトが終わり、アポロをドカ食いする教官がワタクシに向かって、「おまえ、最近痩せたなぁ。」と。数日前に会ったばっかりやんと思いつつ、気をよくしたワタクシは…。


・ガーリックチキン
b0186666_1735569.jpg

ガーリックソースが有名な「SUGOI」というお店に行ってみました。ということで、ガーリックチキンとやらを頼んでみました。想像以上に重たいプレートランチを開けると、おびただしい量のチキンのから揚げが入っています。このから揚げに、強烈な香りのガーリックソースがたっぷり絡められております。ソースは甘辛い醤油ベースのソースでした。はっきり言って、濃すぎです。す…すごい…、完敗です。


ということで、久しぶりに完敗してしまいました。もったいないのは重々承知しておりますが、完食出来ませんでした。ごめんなさい。というか、味の濃さとヘヴィーなから揚げ…、あまり減量によくないに違いない。ちなみに午後2時過ぎに食事をしました。で、現在午後10時…、いまだにガーリック臭が(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-30 17:00 | クルーミール
TAL220便 スカイワゴン
双発機を止めたあんこ機長、これからは今まで操縦してきた機体の慣熟訓練を行うことにしました。長らく飛んでいなかったのもありますし、訓練での飛行ばかりだったので、応用に自信がありませんでした。ということで、空港のランプで教官を待っていると…。

教官:「TARO、今からオレのヒコーキでマウイ行こうぜ!」
TARO:「え?マウイ?」
教官:「友達をピックアップしに行くんだ。」
TARO:「練習は?」
教官:「そんなことより、Exciting Adventureしよーぜ!おまけにタダだぜ。」
TARO:「タダ?」
教官:「行きのフェリーフライトは、オマエが操縦しろ!」
教官&TARO:「ヒーーハーーーっ!」

ということで、教官が買ったオンボロセスナでマウイ島に行くことになりました。セスナと言っても、いつもの4人乗りではなく7人乗りの大型セスナです。ワタクシが今まで操縦した飛行機の中で、最も大きな機体であります。


・セスナ207“スカイワゴン”
b0186666_16342277.jpg

これが今日の相棒です。一見、普通のセスナですが、デカイです。


・コックピット
b0186666_16343592.jpg

見た目とベーシックな操縦方法は、今までの機体とほとんど同じです。オンボロのくせに、オートパイロットなんて便利なものが付いてました。もちろん、オートパイロット体験もさせてくれました!
いやはや、ワタクシのようなパイロットにはぴったりの装備でした、ははは。これなら操縦中におはぎと牛乳を一緒に頂けます。


・キャビン
b0186666_16345136.jpg

内装の壁、剥がしとるし…。金属感あふれるキャビンです。与圧が必要な高度を飛行しないので、問題ありません…多分。訓練や遊覧飛行で使用されるセスナ172に搭乗されたことのある方は、広さの違いがわかるかもしれませんね。とにかく広いです。


往路は時間があったので、この機体で訓練空域に行き急旋回の練習をしました。その後、エヴァ方面にあるカラエロア空港でタッチ&ゴーの練習をしまくり、一路マウイ島はカフルイ空港へ向かいました。とにかく操縦桿とラダーが重かったです…、でも機体が大きくパワーもあるので非常に安定した飛行でした。とても貴重な経験ができました。教官よ、ありがとう!
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-24 16:30 | フライトログ
TAL219便 ON THE ROAD
b0186666_1045343.jpg

ちょうど1年前のブログを読んでみると、初めて自力でスムーズな着陸したという記事がありました。あれから1年が経ち、自家用パイロットになり、計器飛行証明を取得し、たくさんの貴重な経験をすることが出来ました。楽しかったこと、辛かったこと、色んな事がありました。改めて思い返してみると、本当に充実したことばかりでした。

ワタクシ、昨日をもって双発機の訓練を止めました。自分で決めたことです、悔いは残さないようにします。教官をはじめ、良き理解者の方々に恵まれ、本当に感謝しております。これで「免許取得」という名のもとの訓練はすべて終わりです。今まで応援して頂き、本当にありがとうございました。たくさんの皆さまに支えられ、とても励みになりました。飛べないあんこは、ただのあんこ。もちろん、ワタクシは飛び続けます。残りのハワイ生活とフライトを、思う存分満喫しようと思います。

取り急ぎ、ご報告まで。
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-23 11:00 | フライトログ
TAL191便 Gear Up!
b0186666_1764589.jpg

やっと双発機デビューをいたしました!教官と地上でのブリーフィングの後、いざコックピットへ。セスナよりエンジンの重低音が心地いい感じです。離陸すると、セスナでは味わった事のない上昇性能です。ぐんぐん上がっていきます。さらに引っ込み式のギアなので、“Gear up!”や“Gear down!”のコールが田宮二郎気分を盛り上げてくれます(妄想中)。空中では失速と急旋回などを行い、飛行機の操作に慣れる訓練でした。さらに、タッチ&ゴーも行いました。今までのセスナに比べると操作量は多いですが、着陸自体は簡単やったかもしれません。「カサっ」というスムーズな着陸で、ホッと安心。学ぶことの多い、非常に充実した一日でした!

ただひとつ、この飛行機に欠点があります…。左右エンジンのスロットルレバー(クルマで言うアクセル)の重さが不均一やったりします。よく計器を見らんと、片方のエンジンだけパワー不足なんてこともありました…。教官が鼻くそをほじくりながら「慣れるぜ!」と言っていたので、そのうち使いこなせるようになるでしょう…。
[PR]
by TAROAIR | 2010-06-14 17:00 | フライトログ
TAL190便 Travel Air
今日、やっと双発機での訓練に突入いたしました。つい先日TSAから双発機訓練開始の許可が下りたのですが、教官の都合やワタクシの腰痛、飛行機のメンテナンスなどが重なり、なかなか実際に飛べずにおりました。そして待ちに待った今日、はたしてあんこ機長は双発機で飛べたのでしょうか…。


・ビーチクラフトB95 “トラベルエアー”
b0186666_1659575.jpg

新たな相棒となる双発機です。セスナと比べると、ずいぶん大きく頑丈に見えます。そして注目すべき点は、1960年生まれ…。我が母ちゃんよりち~っと若いベテラン機であります。銀色の翼に、無骨なリベットの数々、半世紀にわたって飛び続けてきた、数々の物語が詰まっていそうな感じです。


・コックピット
b0186666_1704573.jpg

今まで操縦してきたセスナ(C172)と比べると、ずいぶん広い印象です。エンジンの数が増えているので、計器も多くなっています。それに伴い、もちろん飛行中の操作も増えます。で、飛ぶ予定やったのですが、地上での説明で時間がオーバーし、明日へと持ち越しになりました。明日、いよいよ双発機デビューの日となりそうです!


・ブレゲ
b0186666_171149.jpg

操縦桿の真ん中に、目を引く時計(ストップウォッチ機能付き)が付いておりました。かっこいいなぁと触りまくっていたら、教官が鼻くそほじりながら「それ、ブレゲやぞ」と。おぉ、あのおフランスの時計メーカーじゃありませんか。たしか、時計のブレゲと飛行機メーカーのブレゲーって同じだったはず(調べろってね)。高級時計を身につけていらっしゃる…、さすが50歳の貫録ですなぁ。


・おすそ分け
b0186666_17117100.jpg

帰宅後、夕食を済ませ明日のフライトの準備と予習をしていました。すると、人が訪れることのないアジトにノックの音が…。どこの組織の人間か?と出てみると、ご近所さんでした。カップケーキのおすそ分けを、わざわざ持ってきてくれたのであります。いや~、本当にありがたいことです。美味しく頂きました。あ、減量中なのに一気に食ってしもうた(涙)。


ということで、コックピットの説明、エンジンの始動の仕方などを教わり、今日は無事に終了しました。飛びませんでしたが、実際にコックピットに触れ、学ぶことの多い一日でした。いや~、明日が楽しみであります。
[PR]
by TAROAIR | 2010-06-13 17:00 | フライトログ