タグ:フライトログ ( 49 ) タグの人気記事
TAL183便 モナーク・シーフード
飛行機の大師匠であるエミさんと、ランチをご一緒させて頂きました。前のブログからお馴染みですが、ワタクシの飛行機への道を切り開いてくれた大恩人でもあります。大分県出身ということもあり、大分県人会でもお世話になっていたりします。で、いろんな事の報告がてら、久しぶりにランチミーティング(?)をいたしました。エミさんおススメの、モナーク・シーフードというお店に行ったんですが、これが美味しかった!ということで…。


・スタッフドアヒ
b0186666_17364689.jpg

揚げたアヒに蟹のスタッフィングが入った、なんともオシャレな料理であります。普通の陶器のお皿に乗っていたら、ハワイの高級レストランで出てきそうな感じです。ワサビソースがピリッとしており、マグロもしっとり…最高!


・アヒカツ
b0186666_1737460.jpg

レアに揚げられたアヒカツであります。マグロも新鮮で、臭みもなく美味しかった…。シンプルで、素材の味がよく分かる一品でした。


・バナナクリームパイ
b0186666_17373192.jpg

これも最高に美味い!「不思議なハウピアパイ」に迫る勢いかも…。フレッシュバナナがたっぷり入っており、クリームが甘さ控えめのカスタードやったりします。クリームに人工的なバナナの風味がしないのが、いい感じ!エミさん、ごちそうさまでした。


これだけ美味しければ、ほかのメニューも美味しいはずです。場所は、カリヒにあります。難点は、店内で食事が出来るスペースがない…ということです(涙)。クルマがあれば、近くの公園などで、青空の下でランチなんて良いかもしれませんね♪

ランチ後、我らがトレーニングセンターへ行き、教官やらとだべって帰りました。以前TALにも登場して頂いたKommyキャプテンの事業用免許の試験日でもあり、無事にパスした報告を受けることが出来ました。Kommyキャプテン、おめでとうございます!ううむ、今日も良い日だった。←日記かいっ!
[PR]
by TAROAIR | 2010-06-03 17:30 | クルーミール
TAL180便 お久しぶりね
今日は、久しぶりのフライトでした。約一ヵ月半のブランクのうえ、長いこと飛んでない有視界飛行方式での飛行でした。教官とワタクシは、ふたりのスローガンである“Make Magic Happen!”と“Exciting Adventure!”を叫びながら、セスナへと向かいます。燃料の匂い、離陸していく飛行機の音…すべてが五感を刺激します。操縦席に腰をおろせば、言いようのない昂揚感でいっぱいになりました。で…。


・久しぶりの飛行は…。
b0186666_16523983.jpg

ノースショアにあるディリングハム飛行場へ飛んできました。滑走路の幅が狭いうえに、独特の着陸方式があったりします。着陸直前まで600フィートを維持し、空港敷地内に入ると同時に一気にダイブして着陸させます。一ヵ月半ぶり、そして初めての空港…最初は「ひょえー高っ、大丈夫か!?」と思いましたが、何とか着陸。滑走路の幅も狭いので、より一層高度が高く感じるんですよね。一回コツをつかめば、あとはこっちのもんです。何度かダッチ&ゴーを繰り返し、無事に感覚を取り戻しました。

復路は、ノースショアの海岸線から島中部のウィーラー陸軍基地まで、同じクラブの飛行機とレースをしました。あちらさんの方が高性能機なのに、勝っちまいました。向こうは普通体系のおっさんが3人、こちらは太めの体形のおっさんが2人…、ううむ。「TARO、おまえはレースパイロットになれ!」と言われました。


・お好み焼き
b0186666_16525432.jpg

また食べ物ネタか!とお叱りを受けそうですが…、質問です。ワタクシ、お好み焼きが無性に食べたくなりまして、初めて自分で作りました。ドンキにオタフクの粉とソースがあったので、それを使ってみました。経費削減のため、具はキャベツとポークだけです。食べてみると、中はフワっトロ~って感じで美味いではないですか!キャベツたっぷりで食物繊維も摂れるし、TAL経費削減にも良いではないかと…。で、ここで質問です。「お好み焼きの具に、これを入れんさいやーっ!」ってのがあれば、教えてください…。あ、ローコストでハワイで手に入りやすいものでお願いします。あんこはNGです。皆さんのお便り、どんどんお待ちしております!

今日のブログ、長っ(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-30 17:00 | フライトログ
TAL175便 JO072便
b0186666_7571010.jpg

JALウェイズ72便のボーディングが始まりました。JALグループの中で、成田空港を一番最後に出発する便です。ホノルル線ということもありゲート周辺はたくさんの人で賑わっています。優先搭乗なので、列に並ばずに機内へと吸い込まれます。今日の使用機材は、F/C/Yクラス仕様のボーイング747‐400(JA8085)であります。


・シャンパン
b0186666_7572572.jpg

空の旅の始まりはシャンパンから…。離陸後、安定飛行になるとウェルカムドリンクのサービスが始まります。シャンパンとオレンジジュースからのチョイスですが、快適な睡眠をとるためにアルコールを摂取します(どんな理由じゃ・涙)。


・アミューズブーシュ
b0186666_7573986.jpg

続いて、アミューズブーシュです。最近、JAL名物のドライ納豆がなくなりました!その代わりに、亀田のあられミックスとドライフルーツがサーブされます。いくらドライでも納豆は納豆…、反納豆派にとってはありがたいことです。


・ワイン
b0186666_758697.jpg

大きめのグラスにたっぷりのワイン…。高度1万メートルで頂くワインは格別です。


・洋食
b0186666_7583156.jpg

ヘルシーな魚か和食でも…と思ってたんですが、赤ワインを飲んでいたのでビーフにしました。意図的に赤ワイン飲んでたわけやありませんで…。赤ワインを飲むと、肉を欲するのです。とまぁ、そんな話は置いといて。メインは、牛フィレステーキ マデラワインソースでした。もちろん、美味しく完食いたしました。ふーっ。この時点で、ワイン3杯飲んでおります(涙)。


・デザート
b0186666_7585171.jpg

ディナーはまだまだ続きます。デザートはイチゴとライチのムースでした。ムースなので流動食みたいなもんです(どんな例えじゃ!)。食後の甘いものってのは、ペロッと食べれちゃうもんですね。


―食後 スカイラックスシートで爆睡中―
スカイラックスシートはこちら ⇒ JALエグゼクティブクラス


・到着の前に
b0186666_759227.jpg

なんと、目覚めたのは着陸の1時間15分前でした。こんなに機内でぐっすり寝たのは初めてかもしれません。目を覚ますと、軽食のサービスです。JALさんよ、まだ食わせる気か!軽食はフルーツとデニッシュ、そしてヨーグルトでした。そうそう、寝起きのスカイタイムは最高です。


・コーヒー
b0186666_80183.jpg

着陸準備が整うまで、コーヒーを頂きながら空を眺めておりました。ホノルル国際空港まで、あとわずか。


太平洋を飛行し終えたダッシュ400は、ランウェイ8Lへ軽いショックとともにランディングしました。窓の外には見慣れたホノルル空港の景色が広がっています。大きな機体はゆっくりとスポットへタキシングしていきました。

JALウェイズ72便 暴飲暴食ルポ、完
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-24 08:00 | クルーミール
TAL臨時便 ちょっと気取ってみませんか
b0186666_11314371.jpg

本日、無事に計器飛行証明を取得いたしました!3月30日がチェックライド予定日でした。が、悪天候だったため、口頭試問だけ行い実地試験はキャンセルしました。ここ数日、強風(春一番?)が続いていたため、やっと本日、フライトの実地試験を行うことができました。今日も風は強めだったのですが、なんとかフライトを無事に終えることができました。

実はこの試験、試験官が計器飛行証明の試験官になるためのチェックライド(試験)でもありました。ややこしいですが、ワタクシを試験する試験官を試験する試験官もずっと一緒なのです、ははは(涙)。超簡単に言えば、通常より一人多いわけです。ワタクシの試験官は以前と同じデルタ航空(A330)のキャプテンだったので、前ほどドキドキはありません。が…、試験官を試験する試験官はFAA(連邦航空局)の人であります…これがドキドキ。FAAのおいさん曰く「オレは乗ってないと思って飛んでくれ。」と…、そんなこと思えるかいっ!まぁ、無事に終わったので何よりでした。


画像:試験前日に和気藹々と勉強(?)する教官とワタクシ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-04-03 11:30 | フライトログ
TAL163便 go! 後編
b0186666_17391868.jpg

今回のビッグアイランド旅行では、go!というキャリアを利用しました。前編は、TAL162便をご参照ください。当便では、go!のキャビンを紹介させて頂きます。では、さっそく!


・キャビン
b0186666_17393342.jpg

シートは、世界中のローコストキャリアで一般化している革シートです。高級感というより、布製シートよりお手入れが簡単だということで、広く採用されています。J-AIRやアイベックスエアラインも、同じ革シートを搭載しているようです。


・中国語
b0186666_17394626.jpg

復路のキャビンでは、いたるところで英語とともに中国語表記が見られました。調べてみると、go!に導入される前は中国を飛び回っていた機体のようです。広大な中国国内を飛び回っていたんだ…と考えると、感慨深いもんです(ワタクシだけ?)。どこからか八角の匂いが…してくるわけないですね、すみません…ははは。


・ぎょえっ!
b0186666_1740037.jpg

む…、虫さんこんにちは。飛行機の窓は3層構造になっており、その間で虫が亡くなられておりました(涙)。いったい、どこの虫やろうか…。中国から輸入された虫ならすごいよなぁ…なんてアホなことを考えながら、窓の外を眺めておりました。


キャビンを見渡すとキレイに見えますが、そうでもありません。シートの継ぎ目がほつれていたりと、あまりコンディションは良くありませんでした。機体が新しいこともありましたが、モクレレ航空のエンブラエルのほうがはるかに快適でした。もっといえば、30年近く経ったB737を使っていたアロハ航空のキャビンの方が、キレイやったと思います。

では、次回からハワイ島の感動した景色をフィーチャーいたします!

―最後に
本日、後輩のUichiが日本へ帰国いたしました。ビッグアイランド旅行のほか、オアフ島ではロードバイクで島を周ったりセスナ体験操縦をしたり、ものすごく濃厚なステイやったんではないでしょうか。その様子も織り交ぜながら、TALで紹介させて頂きます。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-19 17:30 | 飛行機
TAL162便 go! 前編
b0186666_7225557.jpg

今回のビッグアイランド旅行は、go!を利用しました。ハワイアン航空とアロハ航空の2強時代に彗星のごとく現れ、ハワイの格安航空券戦争を巻き起こした会社です。アロハ航空は倒産に追いやられ、ジェット機でハワイ諸島を運航するエアラインはハワイアン航空とgo!のみになりました。以前紹介させて頂いたモクレレ航空も、現在はgo!と統合されてしまいました。運航会社は米本土のメサ航空という会社で、使用機材はボンバルディア製のリージョナルジェット、CRJ-200での運航です。


・ターミナル
b0186666_7233398.jpg

使用するターミナルは、インターアイランドターミナルではなく、コミューターターミナルです。国際線到着口からも遠いので、乗り継ぎの方は不便かもしれません。が、雰囲気はなかなかです。「ここはホノルル空港か?」と勘違いするような、こじんまりしたターミナルです。


・CRJ-200
b0186666_7234712.jpg

これが搭乗機です。50人乗りの小さなジェット旅客機です。モクレレ航空と統合後、機体にはモクレレ航空のロゴも追加されています。日本国内でも、JAL系のJ-AIRやアイベックスエアラインズが同型機を使用しており、ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。大型機とは違い、キビキビとした動きを楽しむことができます。ひぃーーーはーーーっ。


・Uichiは…。
b0186666_7235923.jpg

今回は、コナ空港で待ち合わせをしました。Uichiは成田から直行便でやってきました。成田/コナ線は、JALウェイズのB767による運航です。この飛行機はコナ到着の後、ホノルル経由で成田まで飛行します。ということなので、コナから成田までの直行便はありません。しかし、JALのB767ってかっこ良いですよね!いつか操縦してみたい…ははは。


ということで、ビッグアイランド旅行はgo!での幕開けです。後半は、go!のキャビンを紹介させて頂きます。このキャビンが…(涙)。つづく。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-17 07:30 | 飛行機
TAL160便 学科試験
b0186666_17355588.jpg

本日、学科試験をパスいたしました。ひぃーーはーーーっ!自家用操縦士ライセンスのときと同じく、約900問の決められた問題の中から60問が出題されます。全て選択問題で、パソコンで受験します。合格ラインは70%なので、単純計算で行くと18問まで間違えることができます。今回は6問の間違えがあったので、90%でのパスでした。自家用のときより、ちょっとスコアを落としてしまいました…。教官曰く、「90%台前半が口頭試問に有利なんだ。100%だと賢いと思われて根掘り葉掘り聞かれる。逆に80%台を切ると、超基本的なことから細かく質問されるんだ!」とのことでした。ふふふ、ピッタシやん。次は口頭試問を含むチェックライドへ向けて、またトレーニングセンター入り浸りの日々が続きます…。気を緩めずに、しっかりと飛んでまいります!

ということで、明日から休暇がてらビッグアイランド(ハワイ島)へ行ってまいります。パソコンは持っていきませんので、TALはしばらくお休みさせて頂きます。寒の戻りで日本はとても寒くなっていると聞いております。どなたさまもお体に気をつけて、どうぞお元気でお過ごしください。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-10 17:30 | フライトログ
TAL158便 セキララ
ブログを読み返してみると、訓練の様子が全くありません(涙)。ということで、最近の様子をセキララ(?)にご紹介いたします。ここ数日、ハワイの空は荒れ気味です。ワイキキにいても「風が強めかなぁ」ぐらいなんですが、遮るもののない空港に行くと大変です。風のほか、雲や雨も発生しており、ヒコーキに乗るとタービュランスの洗礼も受けます…。そんな状況の中、似たような体形のおっさん二人(ワタクシと教官)は果敢に空に挑みます。大きな揺れに遭うたびに、おっさん2名は狭いセスナの機内で「ヒーーハーーーっ!」と叫んでおります(小杉かっ!)。なんとほのぼのとした光景なんでしょう、って想像したくないですね…ははは。


・トレーニングセンター
b0186666_1753458.jpg

テストも近くなってきたので、最近は朝から夕方までトレーニングセンターに籠っております。ワタクシの教官であるJ氏も、ソファに寝てたりご飯を食べてたり、ここを自分の住処のように過ごしております。で、「TAROとJ氏はいつも居るなぁ、ここに住んでるんか?」とよくからかわれます…。受付の仕事をされている校長先生の奥さまからも、お墨付きを頂いております(なんじゃそりゃ)。アジトより十二分に広いし、コーヒーは飲み放題やし、インターネットもタダやし、ランプに出ればヒコーキも見放題やし、ヒコーキの話し相手もおるし、結構快適かも♪


ってな感じで毎日を過ごしております。ホノルル空港の一角で、似たようなコロッとした体形の白人&アジア人が歩いてたら、それは高い確率で我がコンビであります。って、誰も見てないか…あははは。いやー、ほんとに最高のチームやと思います。

ううむ、あんまりセキララやなかったかも…(涙の撤収)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-06 17:00 | フライトログ
TAL150便 夜のバイロンズ
b0186666_1713171.jpg

最近、食べ物系のネタばかりになっております。「本当に飛んでるんか?重くなって飛んでないんやろー。」なんて…思われてないですよね、え?ははは。先日、第一段階のチェックもパスし、順調に訓練は進んでいます。最近は、ILSアプローチという計器だけを見ながら滑走路へ進入する練習をしています。で、色々説明してもグダグダになりそうなので、バイロンズをフィーチャーしようと思います(気まぐれ過ぎるやろ)。


・夜のバイロンズ&かまえ号
b0186666_172485.jpg

今日は夕方のフライトでした。モロカイ島まで飛んで、あれやこれやと練習しオアフ島に戻ってくると、午後7時を回っていました。朝からベーグル1個だけやったので、お腹も激減りです。ということで、久々にバイロンズへ駆け込みました。夜のバイロンズは、なぜかテンションが上がります♪ あ、いや、夜になるといつもテンションは上がってるんですが…ははは。ちょっと来ないうちに、以前よりメニューが見やすくなってました!


・テーブル
b0186666_1722054.jpg

今までは、食べ物の写真ばかりだったので、こんな写真もどーっすか?


・ステーキ
b0186666_1723211.jpg

新メニューのステーキがデビューしていました!メニュー紹介の写真があって、美味しそうやったので頼んでみました。すると…美味いじゃありませんか!ステーキソースも付いてますが、しっかりシーズニングされていたので、このままでも十分美味いです。そして、柔らかすぎず硬すぎず、わたし好みの弾力のお肉でした。


・ポーチュギーズビーンスープ
b0186666_1724312.jpg

お腹が激減りだったので、スープも頼んでみました。ステーキが失敗したとき用の保険でもあったんですが…。で、このスープも、豆をはじめ野菜やお肉たっぷりのハーティーなスープでした!ふー、満腹満腹。しかしプレートランチとスープで約13ドル…散財してしもうた(涙)。


夜のバイロンズで、百獣の王ライオンのごとく肉をむさぼりました。空腹も手伝ってか、一心不乱やったと思います…ははは。うむ、これがバイロンズにあるべき姿なんやと思います、うん。
[PR]
by TAROAIR | 2010-02-23 17:00 | クルーミール
TAL138便 コ・パイデビュー
b0186666_17252241.jpg

我がフライトスクールには、もうひとり日本人の方がいらっしゃいます。よくTALにもご搭乗頂いている、KOMMYさんです。それがなんと…、大分県出身という、強烈な偶然であります。現在は、お仕事の関係でハワイに駐在しており、その傍ら訓練をされています。そして昨日、KOMMYキャプテンとロングクロスカントリーにご一緒させて頂きました。ワタクシ、コ・パイデビューであります!KOMMYキャプテンが眼隠しで飛行するので、ワタクシは周りの状況を知らせる見張り役というわけです。そんなフライトの模様を、写真でお楽しみください♪


・カラウパパ空港(毛呂会頭)
b0186666_17254758.jpg

げっ。モロカイ島って変換したら、「毛呂会頭」…(嗚咽)。面白いので、そのままにしときました。で、モロカイ島北部にある、小さな空港です。定期便はなく、プライベート機や訓練、チャーター便が訪れているようです。ここでは、超美味い空気を吸って、10分程度の休憩でしたが、ものすごくリフレッシュできました。


・モロカイ島北部
b0186666_1726281.jpg

モロカイ島北部は、断崖絶壁が続いています。1000フィート(300メートル)以上はあったと思います。こういう景色を見れるのも、飛行機ならではの醍醐味ですよね。って、コ・パイは観光気分かい…。


・アントノフ!
b0186666_17261793.jpg

今回は、ハワイ島コナ空港にも立ち寄りました。セスナでこの空港に来たのは初めてです。すると…、なにやら大きな飛行機が駐機しています。米軍の輸送機かと思いきや、なんとロシアのアントノフではありませんか!いや、でかかったです。こんな間近で見れるとは…思わぬ収穫です。


・ハワイ大学
b0186666_17265075.jpg

我が母校であります。自分もこのルートはよく飛びますが、まじまじと景色を眺めたことがありません。いやー、感動♪ 大学生時代は、頭上を飛んでいくセスナを眺めてたっけ。


・ホノルル空港ターミナル
b0186666_1727247.jpg

上から見ると、こんな感じです。夕方やったので、本土行きの飛行機が翼を休めていました。午前中から正午にかけては、JALのジャンボ艦隊が並んでます。ううむ、良い景色だこと。←完全に観光客。


昨日のルートは、ホノルル/カラウパパ/ウポル(ハワイ島)/コナ(ハワイ島)/ラナイ/ホノルルという5時間半のルートでした。KOMMYキャプテンは、ワタクシよりフライトタイムも多く、パイロットの大先輩であります。このフライトを通じて、たくさん勉強させて頂きました。まだまだ課題がたくさんやなぁ…と、気合を入れる良い刺激にもなりました。KOMMYキャプテン、昨日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。


KOMMYキャプテンのブログ ⇒ FLT.LOG vol2

*こぼれ話*
実は、ラナイ島で足止めを食らいました。電気系統にトラブルが発生…、我が教官を呼び出して一緒にホノルルまで飛んでもらいました。ということで、ラナイ/ホノルル間は3人編成です。ワタクシは後部座席で本当に観光客…。少し寝てた…ということは内緒です、おほほほ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-02-07 17:30 | フライトログ