タグ:フライトログ ( 49 ) タグの人気記事
TAL134便 たこのめ
b0186666_17542242.jpg

本日、オアフ島東部上空4000ftでの出来事です。セスナ172型機の機長の足に、断続的な痛みが発生しました。飛行に支障がでるほどの痛みではなく、そのまま飛行訓練を継続し、無事にホノルル国際空港へ着陸しました。乗客はなく乗員2名の無事を確認。当該機長の足の痛みも引き、帰宅しました。

…と、大げさに書いてみました。足が痛くなった機長とは、ワタクシです。写真にもある通り、足に大きめのうおのめが出来ております。あ、たこかもしれません。どっちかハッキリせんので、「たこのめ」にしておきます。で、その「たこのめ」が、いきなり痛くなったのです。毎日5kmのランニングをしても、30kmの自転車通勤でも、全く痛みを感じることはありませんでした。が、なぜか上空で痛くなってしまいました(涙)。母ちゃんの知り合いの先生によると、高度やら気圧の変化でうおのめが痛くなることはあるそうです。いやはや、なんか、情けないというか…なんちゅうか。ちゃんとスピール膏を張って治したいと思います。と言いつつ、帰ってきて全く痛くなかったので、いつものごとく走りましたとさ(休まんかい)。

ううむ、いったい何が言いたかったんやろ…(涙の撤収)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-02-01 18:00 | フライトログ
TAL127便 VOG
b0186666_1123261.jpg

最近、VOGがひどいです。VOGとは、VOLCANO(火山)とFOG(霧)から作られた言葉で、ハワイ島での活火山がもたらす火山灰が、風に乗ってホノルルがあるオアフ島へやってきます。通常、オアフ島はトレードウィンド(貿易風)が吹いており、火山灰の影響はありません。が、コナウィンドという風向きの変化で、火山灰がはるばるハワイ島からやってきます。もちろん、火山性の有害ガスも含まれているそうで、体にも良くないようです。さてさて、こんなヴォギーな天気の日は、厄介なことが二つあります。ひとつは、視界が悪いので訓練ができません。今朝も、「昨日はひどくて、誰も飛ばんかった。今日も視界悪いから、キャンセルだ!」と教官からメールがありました。もうひとつは、ランニングができません。あ、走ろうと思えば走れますが、火山ガスの中走るのは、あまり気持ち良いもんではありません。ワタクシ、花粉症の症状は無いんですが、どうもVOGには弱いようで、喉はイガイガ、目がかゆい、頭ん中がボーっとなったりします。ヴォーギー、ヴォーギー、あんたの時代はよかった~♪って、よくないわっ!
[PR]
by TAROAIR | 2010-01-25 11:00 | フライトログ
TAL119便 目隠し飛行
b0186666_1558281.jpg

今日から、実際の飛行訓練が始まりました。TAL113便でもご紹介したとおり、計器飛行方式では計器に依存して操縦します。極端に言えば、外の景色を見ないで操縦する方法です。飛行中に、全ての窓のシェードを閉めたら、旋回してるのか上昇・下降してるのか、わかりませんよね。天気(特に視界)が悪かったりすると、自然と視界が遮られるので、同じ状況が起きてしまいます。パイロットは、飛行機がどのような体勢・状況なのかを、常に把握して操縦しなければなりません。ということで、写真のフォーグルくんをかけて訓練をしています。このフォーグルくんは、視界だけを遮り、計器の部分はきちんと見えるように作られています。離着陸以外は、ずーっと計器とにらめっこでした。とにかく、計器を目で追いながらの操縦なので、目が疲れました。あと、約一カ月ぶりのフライト…、気流も悪かったせいか、ちと酔いました…(大丈夫か?涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-01-16 15:30 | フライトログ
TAL113便 計器飛行証明へ
b0186666_1735659.jpg

1月5日(ハワイ時間)から、次のステップである計器飛行証明を取得するための、座学が始まっています。今日は、2回目の授業がありました。現在の自家用操縦士の免許では、有視界飛行でしか飛行機を飛ばすことができません。有視界飛行には、雲との距離や視程など条件があり、フライトをするにあたり、大きく天候に左右されます。計器飛行証明を取得することにより、フライトの際の計器への依存度を上げ、航空管制の指示に従いながら、有視界飛行ほどの制限を受けずに、飛行することが可能になります。現在、定期便のすべてのフライトは計器飛行方式を採用しています。ということは、エアラインパイロットに近い飛ばし方を勉強するわけです。

座学の方も、5人の生徒と小さなクラスで、和気藹々とやっております。今日も、校長先生のマウイ土産のクリスピークリームを片手に授業でした♪ 座学の先生は、ラッキーなことにワタクシの教官が担当することになり、環境はバッチリです!問題は、先日から風邪をこじらせてるのを治さなければなりませぬ(涙)。ということで、今週末は大人しくしておこうと思います(大人しくできるやろうか…)。実際の飛行訓練は来週末からとなりそうです。うぉーー、楽しみ!


画像:今日のホノルル空港(空の貴婦人とセブンツーセブン…いつの時代やねん!)
[PR]
by TAROAIR | 2010-01-08 17:30 | フライトログ
TAL106便 JO073便
b0186666_22321665.jpg

更新が渋っており、申し訳ございません。毎日、忙しく(?)過ごしております。さてさて、前回にも紹介させて頂きましたが、往路のJO073便は、「たなぼたアップグレード」でした!実は、平JMB会員のくせに、今年の4月のフライトでも、同様の「たなぼた」をして頂きました。厳しい中、日本航空さま、ありがとう!!ということで、機内食レポートです。


・ボーイング747-446 (JA8921)
b0186666_22322988.jpg

使用されたシップは、ホノルル線でおなじみの、ボーイング747(ジャンボ機)であります。さすがジャンボ…、かっこいいですなぁ。中・短距離に投入されている、C・Yクラス仕様のキャビンです。写真にはありませんが、エグゼクティブクラスは、スカイラックスシートです。


・アミューズ・ブーシュ
b0186666_22324255.jpg

まずは、おつまみと簡単なアミューズ・ブーシュがサーブされます。亀田のあられと、ナッツとドライフルーツも付いてきます。JAL名物「ドライ納豆」やなくって、よかった…。


・和食
b0186666_22325613.jpg

洋食(牛肉もしくは魚)、和食からのチョイスでした。みそ汁とご飯が食べたかったので、和食にしてみました。台の物は銀ダラの西京焼きでした。ご飯が、ちょっと柔らかすぎて残念。←無料でアップグレードされとって文句言うなってね…。


・デザート
b0186666_22331622.jpg

モンブラン系のケーキでした。甘さ控えめです。うーん、満足、満足♪


・到着前の軽食
b0186666_22334479.jpg

到着前のリフレッシュメントです。これは、エコノミークラスとあんまり変わらんかも…。違う点を言えば、パンが温かいのとカップが陶器ってことでしょうか…。


約9時間の、とても快適なフライトでした。シートは旧式のものとはいえ、ゆっくりと過ごすことができました。客室乗務員の皆さんのサービスも、とても心地よかったです。いや、さすが日本航空でした!日本航空・全日本空輸中立派を唱えるワタクシですが、もう…完全に日本航空派でありんす。
[PR]
by TAROAIR | 2009-12-23 22:30 | クルーミール
TAL104便 ロッジ・アット・コエレ
b0186666_15594489.jpg

話は、Thanksgiving Day(TAL095便)まで遡ります。ラナイ島へ、ディナーを食べに行っておりました。ラナイ島は、信号もなく、人口約3000人ほどの小さな島であります。空港には、管制塔もありません。そんな島に、高級ホテル「フォーシーズンズ」系のホテルが、ふたつもあったりします。今回は、そのうちのひとつ、「フォーシーズンズ ロッジ・アット・コエレ」であります。少し早めに集合したので、ホテル内を散策してみました。


・ホテル周辺
b0186666_15595610.jpg

このような景色が広がっています。馬やなんかも放牧されており、とても美しい景色が広がっています。ハワイ=海という公式が覆るリゾートです。


・コリドー
b0186666_1607100.jpg

ホテル内のコリドーには、このようなゆったりとした椅子が並んでいます。本を読んだり、飲み物を飲んだり、ぼーっとしたり、思い思いの過ごし方をされていました。ワタクシも、音楽を聴きながら、ぼーっとしました。


・コリドーからの眺め
b0186666_1602255.jpg

ロッジ・アット・コエレは、海に面していません。その代り、美しい緑を眺めることができます。オアフ島よりも、ずいぶん小さな島ですが、とても大きな島に感じてしまいます。気温も、そんなに高くなく、とても心地よかったです。


・池
b0186666_1603494.jpg

ホテルの敷地内には、このような池もあります。のーんびりとした時間が流れています。泳いでいる鯉も、心なしかのんびりしてるよう感じました♪ 羨ましいぜ!


・蘭の部屋(たぶん…涙)
b0186666_1604956.jpg

敷地内には、こんな施設もあります。蘭(と思しき植物)を栽培しており、それに囲まれるようにテーブルがあります。ううむ、こんな施設があるホテルは、オアフ島じゃ見たことありません。っていうか、たぶん蘭です(しつこいわ!)。


・プール
b0186666_161125.jpg

気温があまり高くないため、温水プールでした。24時間オープンしてるそうです。人も少ないので、のーんびりと泳げそうです。


・ディナー会場
b0186666_1611820.jpg

ここが、Thanksgiving Day Buffetの会場です。普段は、ラウンジかロビーとして使われているスペースやと思います。暖炉なんかもあり、良い意味でハワイらしさがありません!クリスマスツリーも、とても綺麗でした。ホテルの内装に合うように、ゴージャスかつ落ち着いたデザインのツリーでした。


と、ロッジ・アット・コエレを少しだけ紹介させて頂きました。泊まったわけではないので、お部屋の写真がないのが非常に残念ですが、ウェブサイトを見たところ、非常に魅力的なお部屋でした。ハワイの中で、一番泊まってみたいホテルかもしれません♪


※ブッフェだったので、取りに行く&食べることに集中しておったので、食べ物の写真がございません。申し訳ございません(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2009-12-10 16:00 | Le Salon de Hawaii
TAL098便 路地裏のパイロット
b0186666_11114579.jpg

パイロットに…、

なっちまいました!!

さてさて、今後の身の振り方でも考えますか…。
[PR]
by TAROAIR | 2009-12-02 11:30 | フライトログ
TAL097便 青空のゆくえ
b0186666_14221628.jpg

今日は、今までの集大成を披露する、チェックライドの日でした。まず、結果から申し上げますと、半分合格、残りは明日ということになりました。合格したのは、口頭試問です。約2時間半~3時間ぐらい、飛行機の運航やシステムについて、試験官と口頭試問が行われます。ちょっと心配でしたが、無事に終えることができました。いや、むしろ楽しかったかもしれません。試験官から、追加の情報や訂正なども頂き、実りのある時間でした。さて、残りの半分とは実地試験であります。写真でもお分かりのように、全体に厚い雲が広がり。雨もぱらつき、視界もいまいち良くありませんでした。

―ランプで飛行前のチェック中―
試:「天気がイマイチだなー。雲は厚いし、雨も降ってる。」
太:「そうですねぇ。」
試:「今日は止めて、明日飛ぶというオプションもある。どうするかキミが決めんしゃい。」
~プリントアウトした気象情報と飛ぶ方角の様子をチェック
太:「明日まで、延期させてください。この雲をよける自信がありません。雨も降ってます。」
試:「良い判断だ。オレも同じことを考えてた。よし、延期しよう!」

っちゅうことで、実地試験は明日へ持ち越しとなりました。口頭試問は終えているので、よりリラックスして明日のフライトに臨めそうです。しかし、晴れ男のはずのワタクシが、雨に泣かされるとは…(涙)。雨男になっちまったんでしょうか。
[PR]
by TAROAIR | 2009-12-01 14:30 | フライトログ
TAL095便 ラナイで休憩 ―感謝祭―
今日はThanksgiving Day、なんとラナイ島のロッジ・アット・コエレへ、ディナーに行っておりました。なぜラナイ島かって?昨日の、フライトスクールのにーちゃん(C氏)との会話です。


C: タロー、明日は何か予定あんの?
太: いや、ないで。口頭試問の勉強する予定。
C: じゃあ、ラナイ島にThanksgivingのディナーに行こう!
太: え…ラ…ラナイ島!!!!????


と、突然ラナイ島へ行くことが決定しました。C氏が計画した、総勢約20名で行く、ラナイ島感謝祭ツアーであります。1席だけ、空席があったので、誘ってくれました。ラナイ島に泊まる人もあり、ディナーを食べに飛行機で乗りつける人もありという、なんとセレブな計画です!では、その模様をダイジェストでお届けします。


・双発機
b0186666_17263953.jpg

往路は、校長先生ご夫妻と、この飛行機でラナイ島へ行きました。コ・パイ席に座らせてもらい、巡航中は、ワタクシが操縦桿を握りました!!安定感抜群、「これも操縦したい!」と思いました。


・フォーシーズンズ ロッジ・アット・コエレ
b0186666_17265116.jpg

ラナイ島の、高級ホテルです。ロッジ風になっており、暖炉なんかもあり、良い意味でハワイらしさを感じさせないホテルでした。


・アイランドエアー
b0186666_17271184.jpg

復路は、飛び入り参加のワタクシの分の席がなかったため、定期便で帰ってきました。スペシャル価格の片道75ドルを、C氏が探し出してくれました。往路はタダやったので、往復で75ドルと思えば、安いもんです。いや~、強い突風が予報されてたので、離陸上昇中は木の葉のように揺れ、悲鳴が響き渡っておりました。


っちゅうことで、ディナーだけ食って、ラナイから帰ってきました…。往路のフライトの様子や、ホテルの施設など、写真をたくさん撮ってきたので、場面別に紹介させて頂こうと思います。いや~、最高のThanksgiving Dayを過ごすことができました♪
[PR]
by TAROAIR | 2009-11-27 17:30
TAL093便 チェックライドまで
b0186666_1992248.jpg

ここ2日、連続で飛んでおりました。日曜日は、11月5日以来のフライトで、一か月ぶりのソロ訓練でした。久~しぶりのソロは、さすがに緊張しました。がしかし、その緊張もフライト前の機体点検まで。コックピットに入り、離陸の準備をしているときには、妙な緊張感は消え去り、通常業務(?)に戻っていました。体に染みついてるもんなんでしょうね。そして、今日は、校長先生と一緒にステージチェック(見極め)行いました。いつも通りのフライトで、問題なく終えることができました。11月30日のチェックライド(最終試験)に向け、最後の磨きをかけるために、教官との2回のフライトを残すのみです!

最終試験には、口頭試問も行われます。これがちょっと問題なのであります。ワタクシ、機械系が超苦手であります。エンジンの働きやら、その原理というか…メカニック系が、イマイチ理解しきれておりません(涙)。おまけに、英語で説明…大丈夫かいな。
[PR]
by TAROAIR | 2009-11-24 19:00 | フライトログ