タグ:フライトログ ( 49 ) タグの人気記事
TAL081便 1ヵ月ぶりの
今日は、約1ヵ月ぶりに操縦桿を握りました。空港に着くまで、勘を取り戻せるのか不安でした。プリフライトチェック、離陸、失速回復などは全く問題なく終えました。一番気にしていたのは、着陸です。訓練空域で失速などの練習をした後、カラエロア空港へ向かいます。一本目…バウンドしたものの、なんとか回復し、ショックは免れました。二本目で、無事にスムーズな着陸ができました!その後、タッチ&ゴーを何度か繰り返しましたが、すべて満足な着陸でした♪ ん、1ヵ月前より、調子良いんでないか?という感じです。日本滞在中の「栄養過剰補給」が、燃料となってくれたんでしょうか…あははは(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2009-11-02 17:30 | フライトログ
TAL070便 チェックライドは…。
b0186666_9131576.jpg

つい先日、運休宣言を致しましたが、諸事情により、運航再開です!10月8日より、2週間半ほどジャポンへ帰ることになっています。「8日までに、免許を取れれば良いなぁ。」と教官と言っていて、最終試験(チェックライド)の受験資格まで、単独飛行で0.4時間を消化するのみとなっていました。…が、今日…。

教:「太郎!チェックライド(最終試験)は、11月初旬でも良いか?」
太:「良いでっせ。ワタクシ、なんか、やらかしたでしょうか?(ドキドキ)」
教:「いや、フライトは全く問題ない。試験官の都合なんだわさ。」
太:「ありゃま、アポが取れんかったんですか?」
教:「そう…。試験の際、オマエには、ノースウエストのA330の現役パイロットと飛んで欲しい。」
太:「うおぉぉっ!エアラインパイロットが試験官ですか!!」
教:「ははは、良いだろう!その試験官が、10月下旬にならんと、ホノルルに戻ってこないんだ。」太:「そういうことですか!ラジャっ。」
教:「日本にいる間、口答試験の勉強もできるから、良いだろ♪」
太:「おぉっ!そうですな!!」
教:「そのほかにも、試験のポイントをメールしとくぜ!何も心配するな!!」
太:「ありがとう!サンキュー!謝謝!」

ということで、チェックライドは11月に持ち越しとなりました。操縦を2週間以上も空けて大丈夫かなぁ…なんて思ってましたが、今までにも2週間ぐらい空くことはありました。マニュアルを持って帰って、妄想トレーニングに勤しもうと思います。大分市内で、「Cleared to land RWY4L 540!」などブツブツ言いながら歩いている男がいたら、それは間違いなくワタクシです…。


画像:昨日のカフルイ空港への単独野外飛行(ラナイ島付近@4500ft)
[PR]
by TAROAIR | 2009-10-01 09:00
TAL067便 欠航&サバ
早朝に起床しカーテンを開けると、アジトの窓から見える空は快晴です。コーヒーを淹れ、“I Will Be There with You”を聞きながら、メールや天気、ニュースのチェックをします。そして、かまえ号に乗り、空港へ向います。ダウンタウンを抜けたあたりから…西側の雲行きが怪しくなってきました。そして、空港に近づくと、雨が降り始めました(涙)。かまえ号は、IFR(計器飛行)は不可能です…。とりあえず、近くにあったガソリンスタンドで雨宿りします。びしょ濡れになりながら、トレーニングセンターに到着です。天気図やらをチェックし、雲が訓練空域全体にかかっているのを確認しました。教官は居なかったので、テキストメッセージで経過を伝えました。すると…「そうやなぁ、雲多いなぁ。飛ぶか否かは、まかせるわ。」と教官から返信がありました。シャツも濡れちょんし、雲も多いし、フライトキャンセルしました。その後、スタッフの兄ちゃんと飛行機話をした後、家路につきました。


・ワイキキ方面、快晴。
b0186666_9132013.jpg

帰りに、ラグーンドライブから撮った写真です。帰る頃には、ラグーンドライブ付近の天気も回復していました。ワイキキ方面は、相変わらず、雲も少なく快晴です!アジトがあるカパフル通りは、晴天率高めです♪


・訓練空域方面、雨&雲。
b0186666_9133683.jpg

ラグーンドライブから、ワイキキ方面とは反対の方向を見てみると…、雲は多く、雨も降っています。ちょうど、雨で真っ白な辺りが、訓練空域です。この訓練空域で、失速やら急旋回の練習を、ソロで行う予定でした。ううむ、やっぱり飛ばなくって良かったかも。いやしかし、こんなに天気の違いが見渡せるなんて…面白いですなぁ。


・メグズのサバ
b0186666_913493.jpg

帰りに、飛べなかった憂さ晴らし(?)をするために、「何か食べよう!」ということになりました(なんでじゃ)。メグズに行って、グリルサバを頼んでみました。最近、魚ブームなワタクシです。メグズのサバも、脂が乗ってて美味しかったんですが…、やっぱりボブズのサバのほうが上でした。サバの枚数も違いますが、大きなグリルでガーーーっと焼いてるボブズのほうが、美味しいんですよね♪


ということで、今日も「フライトログ」と「クルーミール」のセット版でお届けしました。Raindrops Keep Fallin' On My Head♪…、といきたいとこですが、現在のアジト上空は快晴です。
[PR]
by TAROAIR | 2009-09-24 09:00 | フライトログ
TAL066便 フライト&マグロ
本日のTAL066便は、「フライトログ」と「クルーミール」がセットになった、ロングバージョン(二本立て)です。お得でしょ?


・不調?
b0186666_8344691.jpg

今日は、朝からソロでマウイ島へ行く予定でした。がしかし、お天気がイマイチだったので、カラエロア空港で独り練習をすることにしました。いつも通りの手順で、タッチ&ゴーなどの練習をします。一本目、躊躇わずゴーアラウンド(着陸やり直し)をしました。進入速度が速すぎるのと、高度が高すぎました。二本目は、「完璧!」と思ったらバウンド…、パワー調整をし、なんとか衝撃からは免れました。そんな感じで、何度かタッチ&ゴーを繰り返しました。ゴーアラウンドも、その後、さらにもう一回行いました。実は、ソロでゴーアラウンドを決行したのは初めてでした。どうも、今日は、全体的に進入速度が速かったような感じでした。あまり、快調とは言えない状態やったので、ホノルル空港へ戻りました。ホノルル空港での最後の着陸はと言うと…。進入速度、高度よし、フレアとともに高度が徐々にじわ~っと下がり、そのまま車輪がコロコロ~っと地面を滑る感じの、ナイスな着陸でした(ほっ)。人間やから、たまには「不調」なときもありますよね。でも、その分、学んだことはたくさんありました!しかし、この「快調」とは言いがたい状況で、マウイに行ってなくて良かった…ツイておりました。


・やるな…ボブズ。
b0186666_835099.jpg

そして、フライトを終え、家路につきます。フライトがあまり快調ではなかったので、「なんか食ってやろう!」と思い、ボブズに寄り道しました。いつものサバにしようか迷いましたが、グリル・アヒというのにしてみました。アヒ=マグロ…、下手に焼くとパッサパサになってしまいます。コレをオーダーするのは、一世一代の賭けでもあります(超大げさ)!出てきた大きなマグロを見ると、よく焼かれてる感じです。「もしや…。」と思ったら、なんと、しっとりジューシーであります!きちんと火が通っていますが、決してパサパサ感はありません。脂が乗ってる部分を使ってるんやと思います。中がレアなグリル・アヒを食うよりも、美味かったかもしれません!このままでも、十分に美味しいですが、一緒に付いてくる、ちょっと甘めのタルタルソースをかけると、これまた美味い!さすがボブズ。サバといい、マグロといい…、ボブズはシーフードがオススメです♪


総じて見ると、今日は、なかなか良い日でした!あっ、まだ13時30分でした…まだまだ一日はこれからです…。さてさて、筆記テストの最終チェックでもしますかな。
[PR]
by TAROAIR | 2009-09-22 08:30 | フライトログ
TAL063便 Let's fly away!
b0186666_10573993.jpg

本日、初めての単独野外飛行を行いました!ルートは、ホノルル空港-ラナイ空港-カフルイ空港(マウイ島)-ホノルル空港という、長めの野外飛行です。昨日、教官と一緒に下見フライトを行い、今日がデビューの日でした。さすがに緊張しました…。少しだけ無線にてこずった箇所がありましたが、あとは問題も無く、無事に飛行を終え、ホノルルまで戻ってくることが出来ました。飛行機を降りたら、教官とトレーニングセンターのスタッフが駐機場でお出迎えしてくれてました。そのときは…「嗚呼、無事に帰ってきたんだわ!」と、達成感で一杯になりました。少しだけですが、今日のフライトの写真をご紹介します。


・相棒
b0186666_1057506.jpg

今日の相棒、我がトレーニングセンターの最新機(1998年生まれ)、N9512Fさんです。


・ラナイ島
b0186666_1058486.jpg

ここは、の~んびりした島です。着陸して「ラナイで休憩」といきたいとこですが、エンジンも止めずに、水をガーっと飲み、計器の設定をして離陸です。


・カフルイ空港
b0186666_10581656.jpg

マウイ島の玄関口、カフルイ空港です。キヘイ周辺を飛行するときは、ものすごく揺れます。今日も、数回ほど、大きいのがストーン!ときました。そのうちの1回で、ちょっと緩んだのか、屁をひったということは内緒です。身が出らんで良かった…あっ、大変失礼致しました。


・洋上飛行
b0186666_10582756.jpg

ハワイでの野外飛行ならではの光景ではないでしょうか。一面に太平洋が広がっています。まさに、「大海原」という言葉がピッタリです。う~みよ~♪オレのう~みよ~♪


・オアフ島(復路)
b0186666_10584077.jpg

右下にはマンダリンオリエンタル(現ザ・カハラ)、そしてダイヤモンドヘッド、ワイキキの街並みが見えてきます。ここからは、クラスBエアスペースなので、航空無線が忙しくなります。


免許の実技試験まで、単独飛行時間を稼ぐのみとなりました。あ、筆記試験ですが、まだ受けておりません。教官作成のテストを受けた後に、本番を受けるんですが、教官の都合で、来週受けることになりました。

フライトは無事に終わったのですが…このあと悲劇が待ち構えておりました(涙・涙・涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2009-09-17 11:00 | フライトログ
TAL060便 翼のばせし幾千里
b0186666_19373744.jpg

今日は、ホノルル国際空港から、カラエロア空港までの全行程のソロフライトを行いました。先日のファーストソロは、教官を乗せてカラエロア空港に向かい、教官が降機したのち、同空港でタッチ&ゴーを行いました。今回は、もうちょっとステップアップしたソロフライトであります。ホノルル空港は、クラスBエアスペースと言い、アメリカの大都市の空港と同じく、“混雑する空域”に指定されています。同空域内を飛行するには、自家用免許以上の資格が必要ですが、教官からの許可があれば訓練生でも飛行可能です。そんな忙しいホノルル空港から、なんとひとり立ちであります。ホノルル空港を飛び立ち、訓練空域で急旋回の練習をし、カラエロア空港で9回のタッチ&ゴーを行い、再びホノルル空港まで帰ってきました。特に大きな問題も無く、無事に終了しました。

昨夜はラナイまでのフライト、今朝はソロ…、今晩は良く寝れそうです♪

今回は特別に、ワタクシのフライト日記をダイジェストでご紹介します。え?そげんこたぁ、どげぇでんいいっち?

・9月10日
18時頃:ホノルル空港へ向け、「かまえ号」にてワイキキを出発。
19時過ぎ頃:ラナイへ向け、ホノルル空港を離陸。
~計器とにらめっこ~
20時頃:ラナイへ着陸。
20時過ぎ頃:ラナイで休憩…せず、ホノルル空港へ向け、ラナイ空港を離陸。
~再び計器とにらめっこ~
21時過ぎ頃:無事にホノルル空港着陸
22時頃:ワイキキへ向け、「かまえ号」にてホノルル空港を出発。
23時過ぎ頃:帰宅。

・9月11日
5時半頃:起床、スターバックスへ走りコーヒー購入。
6時半頃:ホノルル空港へ向け、「かまえ号」にてワイキキを出発。
8時半頃:ソロ訓練に向け、ホノルル空港を離陸(ソロ)。
~急旋回練習、タッチ&ゴー~
10時頃:無事に、ホノルル空港着陸。
10時半頃:ワイキキへ向け、「かまえ号」にてホノルル空港を出発。
12時頃:帰宅。

飛行機に乗りまくれるって、し・あ・わ・せ♪ でも…さすがに、疲れました。少しは痩せたかいな…。
[PR]
by TAROAIR | 2009-09-12 19:30 | フライトログ
TAL056便 心で握る操縦桿
b0186666_1281436.jpg

本日、ハワイ時間09月01日、ファーストソロに行ってまいりました!!初フライトに続く、記念すべき日であります。先日のステージチェック、夜間飛行、ラナイまでのクロスカントリーを終え、今日がソロデビューの日でした!では、その模様を…。

教官とホノルル空港で待ち合わせ、ソロ前の筆記テストの答えあわせと簡単なブリーフィングを行いました。そして、教官と一緒にホノルル空港を飛び立ちます。その後、カラエロア空港へ向けて飛行し、2回ほどタッチ&ゴーの練習をしました。その後、フルストップランディングを行い、ランプエリアで教官が降機します。

「ほんじゃ、気をつけてな。3~4回タッチ&ゴーしたら、へもどっちきなえ。」 (大分弁アレンジ入り)

と教官が言い残し、いよいよソロフライトに向けて、第一歩が動き始めました。グラウンドにコンタクトし、出発前のブリーフィングでもらった空港の図を頼りに、滑走路へ向かいます。実は、図をもらう前までは、カラエロア空港のタキシーウェイがどうなっちょんのか、なんて知りませんでした…。結構、無謀なことをしよったりして。

管制塔からクリアランスをもらい、いよいよ離陸です。何の問題も無く、プ~ンと飛び立ちました。教官が乗ってない分、飛行機が随分軽く感じられました。同じような体系の教官やから、同乗のときのセスナちゃんは、いつも重い思いをしよったんやなぁ…、ははは。いつもどおりのトラフィックパターンを描きながら、タッチ&ゴーを行います。そして着陸は…。

1回目:軽いキュッという音とともに、ショックの少ない、良い着陸でした!
2回目:カサッという音で、ベストランディングか!と思いきや、バウンド…。パワー調整で、なんとかショックの無い着陸に戻せました。
3回目:1回目とほぼ同じ、ちょっと高めのアプローチでした。
4回目:1回目とほぼ同じ。

すべて、中央線を逸脱することも無く、初ソロにしては良かったんでないか…という結果でした。そして、ランプエリアに戻って、教官と再会です。

「よくやった!着陸も、良かったぞ!いやなぁ、この風のコンディションで、ファーストソロに行かせる教官はおらんやろうなぁ。あっはっは。こんな中、ソロに行かせるとしたら、よほどオマエのことを信頼してるのか、オレが狂ってるのか、のどっちかだ。はっはっは。」

と教官が言いました…、教官が「前者」であったことを祈りましょう。確かに、突風も観測されてました。下の写真でもお分かりの通り、風は強めです。体が曲がってるんではありません、風で服が乱れているのであります。いや、やっぱり少し歪んどるか…。

b0186666_1284598.jpg


そして、少し休憩の後、ホノルル空港に戻りました。ホノルル空港の着陸も、ピシーっと決めたかったんですが…ううむ(涙)。伝統のシャツ破りは、落書きのための白いペンが無かったので、次回までお預けです。「今日着てたシャツ、洗わずに、日曜に持ってこいよ!」との事でした。腐らないといいけど…ははは。

と言う感じで、長々となりましたが、無事にファーストソロを終えることができました。飛ぶ前は、緊張しまくりかな、なんて思ってました。がしかし、不思議なくらいに落ち着いて、操縦してたように思います。そして、帰りのラグーンドライブの一本道で、「腹の底からの雄叫び」第2段が出ちまいました。

ここまで育ててくれた教官、そしてアドバイスを頂いた皆さん、本当にありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いいたします!
[PR]
by TAROAIR | 2009-09-02 12:30
TAL055便 夜の男
b0186666_1838382.jpg

夜間飛行の、ジェット機の翼に点滅するランプは、
遠ざかるにつれ、次第に星の瞬きと区別が付かなくなります…。


ってなわけで、夜間飛行を満喫してきました。やっぱり、ホノルルの夜景は美しかったです。そんな夜景を楽しむ間もなく、エヴァ方面のカラエロア空港に行って、タッチ&ゴーであります。さてさて、初夜間飛行の初着陸は…ピシャーっとど真ん中、ショックも全く無く、ナイスランディングでした(感動)。その後、同空港で8回タッチ&ゴーを繰り返しましたが、ほとんどが、スムースな着陸でした。ううむ、夜のほうが上手いって事?夜になると、変なテンションが上がる“夜の男”ですが、こんな時にまで、そんな性が出るとは…(涙)。空中では、異常姿勢(っていうんかなぁ)からの姿勢回復などの訓練を行い、ホノルル空港に戻りました。最後は、なんと海上の8Rに着陸です!あのスペースシャトルの緊急着陸用にも指定されている滑走路です。おまけに、コンチネンタルのB767を待たせてからの着陸でした!がしかし、強い横風で、イマイチな着陸でした…詰めが甘いってことか…。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-28 18:39 | フライトログ
TAL054便 KCCの図書館
b0186666_18224213.jpg

そろそろ筆記試験を受けようと思っています。そこで、ここ最近は、最後の詰めを行っております。今までは、ハワイ大学マノア校の図書館に行って勉強しておりました。がしかし、たくさんの日本の書物があり、誘惑があり過ぎです。1985年の週刊誌やらを見つけて、御巣鷹山の事故はどう伝えられていたのか…などを読みまくってしまった、なんてこともありました。と、話を元に戻して…。最近は、朝市で有名な、カピオラニコミュニティーカレッジの図書館で勉強しています。留学開始当時に通っていた学校です。古々巣って感じでしょうか、なんだか落ち着くんですよね。マノア校ほど人は多くないし、今となっては知らん人ばっかりやし、集中して勉強ができます♪ そんで、往復歩いて通えば、いい運動にもなります。帰りに、ダイヤモンドヘッドグリルに寄って、ケーキを買って帰りたくなる誘惑を押し殺しながら、せっせと通う今日この頃であります。

筆記試験は、kenさんのハワイ上陸までに終わらせる!が目標やったりします…ははは。
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-27 18:30 | フライトログ
TAL053便 ステージチェック
b0186666_18381594.jpg

今日、ステージチェックなるものをやりました。ソロまでの見極め(?)みたいな感じでしょうか。いつもとは違う教官が同乗します。今回ご一緒したのは、なんと、フライトスクールの校長先生でした!と~っても優しい、穏やかなおいさんです。そんな人柄とは裏腹に、F-4ファントムを飛ばせるお方でもあります…すげっ。さてさて、ステージチェックですが、特に大きな問題もなく、無事に終わりました。「変に緊張すると嫌やなぁ。」と思って、ワタクシが取った作戦は…、「教官を乗客と思え!」であります。といっても、ちゃんとアドバイスや分からない点は、聞きました。隣に座ってる人はヘルプしてくれない、操縦は不快感を与えないよう慎重に、…などを念じながら(?)、飛んでみました。これが効果を発揮したのかは分かりませんが、全体を通して、なかなか良いフライトだったように思います。他の教官と飛ぶと、また違ったアドバイスが頂けるので、今日は非常に充実してました!そんで、ちょっと自信も出てきました♪

たまには教官を乗客と見立てる…、これ結構いいかも、ふふふ。パイロット先輩方!!この方法って、いかがなんでしょう…?

画像:トレーニングセンターとかまえ号(B7K7)
[PR]
by TAROAIR | 2009-08-25 18:30 | フライトログ