タグ:飛行機 ( 38 ) タグの人気記事
TAL290便 デルタワン
b0186666_22253364.jpg


2015年6月、2年ぶりのハワイへ。
デルタ航空で福岡からホノルルへ飛びました。
機材はボーイング767-300ER、ウィングレット付きです。


・DELTA ONEキャビン
b0186666_22292672.jpg

ビジネスエリートからデルタワンというプロダクトに代わり、
シート自体に変化はないものの、シートのカバーに赤いラインが入り、
スタイリッシュな印象のキャビンに生まれ変わっていました。


・ミール
b0186666_2231364.jpg

洋食2種類、和食からのチョイスです。
これはステーキを選びました。
昔は前菜⇒メインでしたが、一気にひとつのトレイに乗って出てきます。
前菜は白ワイン、メインは赤ワイン…などとゆっくり頂けず残念です。

・ホノルル空港
b0186666_22315480.jpg

2年ぶりのハワイの空です。
せっかくのハワイで撮った写真の数々、備忘録的に。
[PR]
by TAROAIR | 2015-12-27 22:30 | フライトログ
TAL285便 DL638便フライトルポ
デルタスカイクラブで、ビール3杯とワイン3杯を流し込んでいると、搭乗案内が始まりました。久しぶりのジャンボに心を躍らせ、機内へ吸い込まれていきます…。


・B747-400(@ホノルル空港)
b0186666_1784571.jpg

JALから完全引退したダッシュ400です。デルタ航空ではまだまだ現役バリバリ!ジャンボはやっぱり美しい…。


・ビジネスエリート
b0186666_1791769.jpg

旧ノースウエスト航空の機材なので、当時のワールドビジネスクラスがそのまま流用されています。シートの上に色んなものが盛られ過ぎです。広さは十分なのですが、ベッドモードにするとどうも体に合わず…。自分でちょうど良い角度に調整し、爆睡出来ました。


・ウェルカムシャンパン
b0186666_1793788.jpg

搭乗後、ウェルカムドリンクとして、オレンジジュースかシャンパンがサーブされます。迷わずシャンパンを頂きます。シート1Aというこの上ないプライベート空間で、グイグイと…。ちなみに、Aコンパートメント(B747の鼻の部分)は空席が目立ち、1Bも空席でした。おかげで、人目を気にせずグイグイと…。


・おつまみ
b0186666_17101356.jpg

離陸後、安定飛行に入りました。おつまみとドリンクがサービスされます。あられもちゃんと器に盛られてやってきます。え…なぜワインが2杯もあるかって?白ワインをオーダーし2種類のなかから迷っていると、2種類とも持って来てくれました。機内で飲み比べとは…。いよいよ機内食の時間です!


・アペタイザー
b0186666_1710378.jpg

スモークサーモンの手まり寿司、和風チキンロール、グリーンサラダ、ローストイエローピーマンのスープでした。スープ、クリーミーで好きかも。


・メインコース
b0186666_1711415.jpg

鶏胸肉とシトラスサラダ、マッシュポテト、アスパラガスのグリルとローストガーリック添えでした。デルタのシェフのお勧めとあったので頼んでみました。うん、たしかに美味しい。機内で再加熱するので、胸肉がちょっとパサついてますが、シトラスサラダと頂くとしっとり。で、結局機内でもワインを4杯…。全く酔わないのは、なぜ?


・デザート
b0186666_17112564.jpg

アイスクリームサンデーとフレッシュフルーツからのチョイスでした。前日、なんちゃってセレぶうさまから、「デルタに乗ったらアイスクリームを食べんといけんで!」と教えて頂いていたので、迷わずアイスクリームサンデーを…。で…でかいです。握りこぶし級のアイスに、チョコレートソースがたっぷり。ううむ、幸せ!


・到着前に
b0186666_17114955.jpg

午後7:00に成田を出発するフライトだったので、もちろん軽食も真っ暗な時間にサーブされます。日本時間午前1時過ぎ…、2度目の機内食を詰め込みます。乾燥した機内で爆睡した後の体に、果汁が沁み渡ります。


窓のシェードを開けてみると、水平線に朝陽が昇りつつあります。ダッシュ400は徐々に高度を下げ、ホノルル国際空港RWY4Rに軽いショックと共にタッチダウン。ちょっと湿り気のあるハワイの風を感じながら、1年ぶりのハワイの地を踏みしめました…。


つづく…(と思います)
[PR]
by TAROAIR | 2011-11-12 17:00 | 飛行機
TAL284便 デルタスカイクラブ
無事にホノルル国際空港に到着いたしました。先にハワイ入りしていたじい・ばあ&母と合流し、APECを避けるように、ホノルル東部の某ホテルに潜伏しております。久しぶりのTAL運航…、ちゃんと書けるやろうか。まずは、成田空港のラウンジから!


・デルタ航空
b0186666_171212.jpg

今回はデルタ航空でのフライトです。でへへへ、ふふふ、今回はビジネスクラスでの移動です!成田発は19:00、早々と通関し15:00からラウンジに居座ります。


・デルタスカイクラブ
b0186666_1714433.jpg

成田空港を発着する外資系キャリアのなかで、最も便数の多いデルタ航空です。ラウンジも広々としております。到着時はガラガラでした…ということで、乾杯!ビールにワインに…乱れ飲みです。


・おかゆ
b0186666_1721217.jpg

ダイナスティラウンジか!?と思わせるようなメニューもあったりします。その他、焼きそばやお寿司、サンドウィッチ、ケーキなどありました。


・マックかよ!
b0186666_1725466.jpg

窓際には、マックのPCがずらりと並んでいます。ウィンドウズユーザーのワタクシ、手に負えません。前回のTAL283便を投稿するのがやっと…。半分ウィンドウズにしてくれんかなぁ…デルタさん。


以上、デルタスカイクラブレポートでした。え?「JALのサクララウンジのときとは、全然気合の入りようが違うじゃないか!」って?すみません、あの、その、ブランクが(涙)。この後、キャビン&サービス編に続きます。
[PR]
by TAROAIR | 2011-11-09 17:00 | 飛行機
TAL282便 CI110便
b0186666_21113732.jpg

「えっ、もう帰国便?」―はい、その通りです。この旅行では、故宮博物院などの観光名所を巡りました。が、TALらしく(?)、往復フライトルポ、ステイ先、新幹線のみという独断と偏見に満ち溢れたチョイスをさせて頂きます。って、こんな旅行記やったら、台湾じゃなくてもいい?ははは(涙)。


・JALエグゼクティブクラス
b0186666_21115398.jpg

このマークを見ると安心します。と言っても、エグゼクティブクラスを利用したわけでもなく、JALに搭乗すらしていません。中華航空のカウンターが混雑していたため、旅行会社の計らいで、我々のためにJALエグゼクティブクラスのカウンターを開放してくれました。JALと言いつつ、カウンター業務は華航への委託でした…が、ありがたいことです。


・シート
b0186666_21124427.jpg

機材は往路と同じくA330-300型機でした。あまり広くはないですが、充実装備のシートです。TVモニターの左側には鏡が付いていたり、エンターテインメントはすべてAVODです。離着陸時の映像がパーソナルTVで放映されるのも、ヒコーキマニアにとっては非常にポイントが高かったです。やるな、華航。


・復路ミール(ぽーくごはん)
b0186666_21131753.jpg

往路と同じく、美人なCAが「ぽーくごはん?ちきんごはん?」と機内食をサーブします。ワタクシは“ぽーくごはん”を選びました。中華風の味付けで、台湾ビールと共に頂きました。参加者の皆さんには不評のようでしたが、腹が減っていたワタクシは美味しく頂きました…。


・復路ミール(ちきんごはん)
b0186666_21133373.jpg

これはじいちゃんのチョイスです。どうも親子丼らしかったのですが、これはイマイチだったそうです。海外搭載の和食系には落とし穴が…これはどこも共通なのかもしれません。


往復ともパンが温められてサーブされます。エコノミークラスの機内食で、パンが温められる…なんて初めてやったかもしれません。復路は2時間ほどのフライト、決して長くはないフライトタイムでこのサービス内容、華航は侮れません。ということで、台湾旅行記 完結!(まじかっ)


これじゃ、あんまりなので…。


~最後に~
今回、初めて台湾を訪れました。ツアーということで、すべて予定が組み込まれていましたが、十分に楽しむことが出来ました。またゆっくり訪れたい…、いや住んでみたいと思わせるほど魅惑の島でした。街の風景は日本と中国の間という感じで、なんとも親しみやすく、三越、そごう、ロイヤルホスト、モスバーガーなど日本の企業もたくさん進出しています。日本人にとって非常に住みやすい環境だと感じました。では最後に…、Wind is blowing from the Aegean~♪ (こりゃエーゲ海やっちゅーねん)。
[PR]
by TAROAIR | 2011-02-25 21:00 | Le Salon de Asie
TAL279便 CI111便
この台湾旅行で利用した航空会社は、ハワイから帰る際にも搭乗した中華航空(以下、華航)です。今回は福岡空港から台北桃園空港への直行便(CI111便)を利用しました。ということで、恒例の「機内食」を紹介させて頂きます。


・A330-300
b0186666_22444742.jpg

使用機材はエアバスの双発機A330でした。非常にバランスのとれた美しい機体で、大好きな機種のうちのひとつです。で、驚いたのが、福岡空港でのA330のバリエーション…。この便が出発する時間帯には、華航、キャセイ、タイ、コリアンのA330が一同に会していました。アジアのエアラインはA330がお好き?


・往路ミール(さかなごはん)
b0186666_2245782.jpg

美人な華航のCAが、「ちきんぽてと?さかなごはん?」と機内食をサーブします。ワタクシは“さかなごはん”なるものを選びました。ふたを開けてみると、白身魚のチリソースでした。これ、美味かったです。


・往路ミール(ちきんぽてと)
b0186666_22453538.jpg

これが“ちきんぽてと”の正体です。じいちゃんがチョイスしました。マスタードソースがかかったチキンで、ひと口頂きましたが、これも美味い。見た目も、エコノミークラスの機内食らしからぬ盛り付けです。


2時間30分ほどのフライトでホットミールがサーブされ、おまけに2種類からのチョイスが可能…、エコノミーも良いじゃん、中華航空。満席のA330は、雨の降りしきる台北桃園空港へ滑るようにランディングしました。シートの設備は、復路便ルポの際に紹介させて頂きます。
[PR]
by TAROAIR | 2011-02-21 22:30 | Le Salon de Asie
TAL269便 鶴丸復活
b0186666_2272038.jpg

4月から、JALの鶴丸塗装が復活するそうです。なんちゃってセレぶうさんの書き込みを拝見して喜んだのもつかの間…、実際の予想イラストを見て超がっかり。せっかくの鶴丸が…(涙×100)。個人的には、“The Arc of the Sun”の方がよっぽどカッコいいと思います。

「海外の空港で鶴丸の尾翼を見ると安心する」という風な言葉がよく使われていました。JALが日本を代表する航空会社であるということの証です。がしかし、ワタクシがハワイに住み始めた頃は“The Arc of the Sun”に変更された後でした。ワイキキビーチを横目に優雅に飛び立ってゆく赤い尾翼を見るたびに、望郷の念に駆られたものです。そして、「次の休みはあれに乗って日本に帰るぞ!」と元気づけられました。操縦訓練へと舞台を移した後は、「あれを操縦したい!」とホノルル空港で“The Arc of the Sun”の機体を眺めていたもんです。

おつかれさん、“The Arc of the Sun”
[PR]
by TAROAIR | 2011-01-21 22:00 | 飛行機
TAL268便 ヒコーキ歴
b0186666_22443052.jpg

アホなワタクシは、今まで乗ったことのある飛行機と路線をほぼすべて覚えていたりします。クルマ派だった幼稚園児時代のものは不確かですが、あとは結構自信があったりします。で、忘れんうちにリストアップをしちょこう…と、PCに保存しました。っちゅーことで…。

アメリカ合衆国
・成田、関西、名古屋、福岡/ホノルル 
全日空:  B747-SR, B767-300ER, B777-200ER
日本航空: B747-200B, B747-400
ノースウエスト航空:  B747-400, DC-10-30
ユナイテッド航空:  B777-200ER
チャイナエアライン: B747-400

・福岡/グアム
エアマイク: B757-200
日本航空: DC-10-40

・ホノルル/サンフランシスコ
ノースウエスト航空: B757-300

・ホノルル/フェニックス
USエアウェイズ: B757-200

・ホノルル発着ネイバーアイランド
ハワイアン航空: B717-200, B767-300ER, DC-9
アロハ航空: B737-200
GO!: CRJ
アイランドエアー: DHC-8


オーストラリア
・成田/ケアンズ/ブリスベン
カンタス航空: B747-300

・成田/シドニー 往路のみ 
カンタス航空: B747-300

・シドニー/ケアンズ/福岡 復路のみ
カンタス&オーストラリア航空: B767-300ER


香港
・福岡/啓徳(台北経由)
キャセイ・パシフィック航空: B747-200/300

・福岡/チェックラップコック
日本航空: B767-300


インドネシア
・福岡/デンパサール
ガルーダ・インドネシア航空: A330-300


中華人民共和国
・福岡/上海(浦東)
日本航空: B767-200


大韓民国
・大分/ソウル(金浦)
大韓航空: F-100


日本国内空港
大分、羽田、成田、伊丹、関西、名古屋、中部、福岡、那覇、宮古

搭乗機材
・日本航空グループ(JAS含)
B737-400, 800
B747-100/SUD, 400D
B767-300
B777-200

DC-10-40
MD-81
MD-90

A300-B2
A300-600R

DHC8-Q400


・全日空グループ
B737-500, 700
B747-400D
B767-200, 300
B777-200

A320-200
A321-100

DHC8-Q400


・スカイマーク
B737-800


いやはや、こんなに覚えられるもんなんですね…。っちゅーか、なにやっとんねん(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2011-01-16 22:30 | 飛行機
TAL266便 纏足
ハワイでの生活とは打って変わり、デジカメを持ち歩くことがないので、なかなかブログが更新出来ておりません。また、近日中に紹介させて頂きますが、新たなプロジェクトのローンチのため忙しく過ごしております。で、カメラのファイルをあさっていたら…。


・MD-90
b0186666_22143382.jpg

先日、羽田/大分線のJAL便を利用した時のことです。安全のしおりを見てみると…何かがおかしい…。気付きましたか?


・あれ?
b0186666_22152554.jpg

メインギア…小さっ!せっかく機体の絵は精密に描かれているのに、ギアが…。実際にこの大きさやったら、絶対に折れちょんやろー。


年頭からアホな話題をぶっ放してしまいました(涙)。それはさておき、JALの中型機A300の退役が急進行しており、東京/大分線の機材はほとんどがナローボディ機になってしまいました。昔は、ジャンボが就航していた大分空港…あのころが懐かしい(遠い目)。


うっ…久しぶりに書いたら、よくわからん内容になってしもうた…撤収。
[PR]
by TAROAIR | 2011-01-13 22:00 | 飛行機
TAL261便 Dream Skyward


今日、ハワイでの最後のフライトを無事に終えました。昨年の5月ごろに本格的な訓練が始まり、計器飛行証明までのライセンスを取得することが出来ました。家族や仲間をはじめ、たくさんの方々のおかげで、大好きな飛行機に囲まれる生活を送れました。せっかく取得したライセンスです、これから日本でも飛び続けられる環境を模索中です。が、少しの間、翼をたたんでおこうと思います。皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by TAROAIR | 2010-11-15 18:30 | フライトログ
TAL251便 動物園とアートとエールフランス
アジトはワイキキ動物園の目の前に位置しております。部屋の向きによっては動物の鳴き声が聞こえるとか聞こえないとか…、幸い我が潜伏先には聞こえてきません。で、最近、ワイキキ動物園のエントランス付近の工事が始まっております。


・アート
b0186666_17242918.jpg

工事現場を仕切る壁には、このような素敵な絵が描かれております。ジャングル、ビーチに海の中など、多彩な世界が広がっています。芸術音痴のワタクシですが、こういう絵は結構好きなんですよね。


・パンがなければお菓子を食べればいいじゃない
b0186666_17244555.jpg

よ~く見ると、ヒコーキが飛んでおりました。さらに目を凝らしてみると、AIR FRANCEっち書いちゃるし。で、アントワネットさんがI LOVE HAWAIIやそうです。え、マリー・アントワネット?ううむ、これは落書きなんか?それとも、作者のいたずら?こそーっと、JALのヒコーキの絵も描いちゃろーか。


動物園の目の前に住んで6年以上が経ち…。実は、中に入ったことがございません。カピオラニ公園を歩いていると、キリンの頭が見えるくらいであります。入ってみようか動物園…ううむ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-16 17:30 | Le Salon de Hawaii