タグ:飛行機 ( 38 ) タグの人気記事
TAL232便 パンナムと若大将
b0186666_16531111.jpg

若大将といえば、加山雄三であります。ワタクシ、加山雄三も大好きであります。フランク・シナトラ、エルヴィス・プレスリー、浜田省吾といい、年齢詐称が暴発しそうな勢いですが…。ワタクシが小学生のころ、加山雄三ファンの母ちゃんが「アルプスの若大将」を見ていました。あ、もちろん、TVでの再放送ですよ。その映画では、ヒロインの澄ちゃんがパン・アメリカン航空のスチュワーデス役でした。ということは、パンナムのB707なんかが映像で出てくるわけです。その飛行機の登場シーンに興奮し、ワタクシも若大将シリーズに引き込まれて行きました。「ハワイの若大将」や「南太平洋の若大将」では、1960年代の貴重なハワイの様子が登場します。歌も歌えて、楽器も出来て、英語はペラペラ、そして運動も抜群。いやはや、無敵の若大将ですなぁ。ワタクシも、「海の若大将」ならぬ「空の若大将」なんてね…無理か(涙)。

いつの日か、ツェルマットに行って「ブライトホーン」を弾き語るのがワタクシのささやかな夢であります…。
[PR]
by TAROAIR | 2010-08-10 17:00 | 飛行機
TAL208便 羽田/サンフランシスコ線
b0186666_1646364.jpg

羽田空港発着の国際線スケジュールが次々と発表されています。ワタクシが最も注目しているのは、日本航空のサンフランシスコ線であります。現在の成田/サンフランシスコ線から移管されます。日本航空のサンフランシスコ線といえば、「JL001/002便」という便名が振り当てられています。というのも、戦後日本航空が初めて就航させた国際線だからだと言われています。羽田/ウェーキ島/ホノルル/サンフランシスコという長い洋上飛行を、DC-6Bというプロペラ機で飛んだのが最初です。その後、「JL001/002便」は成田/サンフランシスコ線の便名として使用され続けてきました。で、今回の移管に伴い、羽田/サンフランシスコ線に「JL001/002便」が復活するのであります。こりゃー乗らんとわるいやろ…と密かに思っております。って、こんなんで喜んでいる人も少ないやろうなぁ(涙)。

※ちなみに、ワタクシが初めて米本土の地を踏んだのもサンフランシスコでした。その理由は、JALが初めて乗り入れた米本土の地だから…というのは言うまでもありません。

画像:あんこ機長(20)、サンフランシスコにて
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-09 17:00 | 飛行機
TAL202便 無責任機内食レポート
今回の父母旅行、日本/ホノルル間の航空券もたなぼたやったりします。なんと、じいちゃんがホノルル往復2人分のマイレージをプレゼントしたと…。おまけに、日本航空のエグゼクティブクラスやったりします。ちきしょー、羨ましい。ということで、「ブログに出せ!」とうるさいので、ワタクシは食べてませんが機内食を紹介させて頂きます(涙)。


・JO72便 洋食(シーフード)
b0186666_18114250.jpg

こちらは母ちゃんが食った洋食だそうです。ワタクシが5月に搭乗した際と同じメニューだったので、アミューズブーシュとデザートは割愛させて頂きます。これは、ワタクシが選び損ねたシーフードです。鯛のクリームソース、美味しかったそうです。写真を比べてみると、たしかにメイン以外は同じです…。


・JO72便 和食
b0186666_18115711.jpg

父ちゃんが食った和食です。ちょっとブレておりますが、鯛のあら煮がメインだったそうです。お刺身(?)まで付いていて、ホノルル搭載の和食よりも美味しそうです。父ちゃんに味を聞いたら「忘れた」と即答。うぅっ…(落涙)。


・JO75便 洋食(シーフード)
b0186666_18121457.jpg

母ちゃんが食った洋食です。またシーフードやし(涙)。マヒマヒがメインだそうです。往路と似たような感じ…だったそうです。野菜スティックのディップが美味しかったようです。左上のパンはちぎった後で、必死に隠して撮影したと報告を受けております。って、ここに書いたら隠した意味がない?ははは。


・デザート
b0186666_1813831.jpg

ぬ…ぬ…ぬぁんと、バターケーキの上にあずきクリームがかかっているそうです。なんという組み合わせ!あずきとクリームだけで嬉しいのに、さらにバターケーキまで…。もしワタクシが搭乗しておったら、おかわり+牛乳です。


復路、父ちゃんはまた和食を食べたそうです。ちなみに、写真はございません(涙)。なんのこっちゃ、父母的無責任機内食レポートでした。こんなんで終わって良いんやろうか…(涙×747)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-07-01 18:00 | 飛行機
TAL181便 B747⇒B767
日本航空のホノルル線も、いよいよダウンサイジングの時代がやってくるようです。現在、日本全国からホノルルを結ぶ5便は、すべてボーイング747-400(ジャンボ)による運航です。が、10月1日または31日からJO76便(復路は75便)を除き、残りの4便は中型のボーイング767-300ERによる運航になるそうです。そうなれば、ホノルル空港に整然と並ぶJALジャンボ艦隊が見られなくなるわけで…ううむ。個人的にThe Arc of the Sun塗装のB767は大好きなんですが、長年ハワイと日本を結んできた日航ジャンボを見る機会が減るのは、寂しいものです。いくらハワイアン航空が羽田にデビューしようが、全日空がホノルル線をトリプルセブンに機材大型化しようが、JALのジャンボが減便されるのは…ショックであります。


・ホノルル空港で翼を休めるB747-400たち
b0186666_9231189.jpg


・10月から投入されるB767-300ER
b0186666_9233920.jpg


まさに、ミスターロンリー
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-31 09:30 | 飛行機
TAL175便 JO072便
b0186666_7571010.jpg

JALウェイズ72便のボーディングが始まりました。JALグループの中で、成田空港を一番最後に出発する便です。ホノルル線ということもありゲート周辺はたくさんの人で賑わっています。優先搭乗なので、列に並ばずに機内へと吸い込まれます。今日の使用機材は、F/C/Yクラス仕様のボーイング747‐400(JA8085)であります。


・シャンパン
b0186666_7572572.jpg

空の旅の始まりはシャンパンから…。離陸後、安定飛行になるとウェルカムドリンクのサービスが始まります。シャンパンとオレンジジュースからのチョイスですが、快適な睡眠をとるためにアルコールを摂取します(どんな理由じゃ・涙)。


・アミューズブーシュ
b0186666_7573986.jpg

続いて、アミューズブーシュです。最近、JAL名物のドライ納豆がなくなりました!その代わりに、亀田のあられミックスとドライフルーツがサーブされます。いくらドライでも納豆は納豆…、反納豆派にとってはありがたいことです。


・ワイン
b0186666_758697.jpg

大きめのグラスにたっぷりのワイン…。高度1万メートルで頂くワインは格別です。


・洋食
b0186666_7583156.jpg

ヘルシーな魚か和食でも…と思ってたんですが、赤ワインを飲んでいたのでビーフにしました。意図的に赤ワイン飲んでたわけやありませんで…。赤ワインを飲むと、肉を欲するのです。とまぁ、そんな話は置いといて。メインは、牛フィレステーキ マデラワインソースでした。もちろん、美味しく完食いたしました。ふーっ。この時点で、ワイン3杯飲んでおります(涙)。


・デザート
b0186666_7585171.jpg

ディナーはまだまだ続きます。デザートはイチゴとライチのムースでした。ムースなので流動食みたいなもんです(どんな例えじゃ!)。食後の甘いものってのは、ペロッと食べれちゃうもんですね。


―食後 スカイラックスシートで爆睡中―
スカイラックスシートはこちら ⇒ JALエグゼクティブクラス


・到着の前に
b0186666_759227.jpg

なんと、目覚めたのは着陸の1時間15分前でした。こんなに機内でぐっすり寝たのは初めてかもしれません。目を覚ますと、軽食のサービスです。JALさんよ、まだ食わせる気か!軽食はフルーツとデニッシュ、そしてヨーグルトでした。そうそう、寝起きのスカイタイムは最高です。


・コーヒー
b0186666_80183.jpg

着陸準備が整うまで、コーヒーを頂きながら空を眺めておりました。ホノルル国際空港まで、あとわずか。


太平洋を飛行し終えたダッシュ400は、ランウェイ8Lへ軽いショックとともにランディングしました。窓の外には見慣れたホノルル空港の景色が広がっています。大きな機体はゆっくりとスポットへタキシングしていきました。

JALウェイズ72便 暴飲暴食ルポ、完
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-24 08:00 | クルーミール
TAL174便 サクララウンジで食べる
成田国際空港のJALサクララウンジには、ダイニングエリアもあったりします。好きな時に、好きなものを食べられるブッフェスタイルになっていました。といっても、きちんとしたレストランではないので、メニューは限られていますが、機内食も食べることを考えれば十分な内容ではないでしょうか。では、いただきます♪


・JALオリジナルマティーニ
b0186666_15492814.jpg

バーカウンターもあり、各種お酒やカクテルをオーダーすることが出来ます。ドライマティーニと、写真のJALオリジナルマティーニ「SAKURA」を頂いてみました。大吟醸をベースに、サクラの花(塩漬け)が美しいマティーニでした。「JALオリジナル」という言葉にめっぽう弱いワタクシ(涙)。


・カレー
b0186666_15494541.jpg

特製ビーフカレーであります。ダイニングエリアに行くと、このカレーの香りに包まれています。甘めだけどスパイシー、お肉も柔らかく、美味しかったです。サラダバーがあり、しっかりお腹いっぱいになります。って、ビールも飲んどるんかい(涙)。


・ごはんとお味噌汁
b0186666_1550172.jpg

まだ食うか!と言われそうですが、TALのために体を張ります。やっぱり日本人にはこの組み合わせ…、落ち着きます。


・ワイン
b0186666_15502954.jpg

下の階のラウンジエリアに戻り、カウチに身を包み飛行機を眺めます。そうすると、なにか飲みたくなるものです(えっ?)。何食わぬ顔でラウンジエリアのドリンクバーへ向かい、ワインとスカイタイムをゲットです。空港の夜景を見ながら飲むワイン…最高。


・Soup Stock Tokyoとメゾンカイザー
b0186666_15504522.jpg

ふと気付けば、またダイニングエリアに…。あ、いや、その…TALのためであります。ホノルル線の機内食でおなじみのSoup Stock Tokyoのスープと、メゾンカイザーのパンもラインナップされています。「こりゃー、食べちょかないけんやろー。」という皆さまの声にお応えして、頂きました。美味しかったです(涙)。


エグゼクティブクラス搭乗前にもかかわらず、暴飲暴食いたしました。お腹一杯になったところで、JALウェイズ72便の搭乗案内が始まりました。さて、次は…。
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-23 16:00 | 飛行機
TAL173便 サクララウンジ
b0186666_1026491.jpg

今回は、成田国際空港のJALサクララウンジを堪能することが出来ました。キャンペーンのおかげで、片道だけエグゼクティブクラスを利用できたので、復路をアップグレードしました。それは、このサクララウンジを満喫(暴飲暴食?)するため…と言っても過言ではありません。ゴールドの“JAL”のロゴが眩しいサクララウンジへ、TALあんこ機長がいざ潜入です。


・窓の外には
b0186666_10262477.jpg

“The Arc of the Sun”をまとった機体がずらりと並んでいます。見事に他社の機体が見えません。JALのラウンジで休んでるときに、目の前にトリトンブルーが現れたら、ちょっと興醒めですが…。こんな光景を目の当たりにすると、“I Will Be There with You”を口ずさんでしまいます、ははは。


・ラウンジ内
b0186666_10264166.jpg

ラウンジは日本最大の広さだそうです。下の階は、くつろぎのラウンジエリアになっています。ドリンクバーでは好きなものを頂くことができます。上の階には、バーカウンターやダイニングエリアがあり、ブッフェ形式で好きなものを食べることができます。これは、ラウンジエリアの写真です。


・TVには…。
b0186666_10273132.jpg

いたるところに設置されているTVでは、第2ターミナルを発着するJALグループ便とコードシェア便のスケジュールを確認することができます。成田空港を最後に飛び立つのが、ホノルル行のJALウェイズ72便やったりします。ラウンジも最終便が出発するまではフル稼働していました。


・仮眠室
b0186666_10274752.jpg

こんな個室もありました。「搭乗時間を確認の上、お休みください。」と書かれていました。た…たしかに。ここで一杯飲んで寝てしまったら、朝まで起きそうもありません。写真だけ撮って、さっと撤収です。


・ソファだけでなく…。
b0186666_1028554.jpg

こんなスペースもあったりします。こんな空間、アジトにも欲しい…(超遠い目)。って、こんな空間作ったら、寝るスペースがなくなりそう(涙)。


・ビジネスセンター
b0186666_10282110.jpg

ここから、TAL171便を投稿しました。無線LANがラウンジ内をカバーしてるそうなので、ラップトップを持っていれば、インターネット接続はどこでも可能なようです。が、ワタクシのラップトップは貨物室へ預けてしまったので、ここのPCを利用いたしました。使えるなら、使ってしまえ、あんこ機長。←意味わからんし(号泣)。


以上、ラウンジの一部ですが、紹介させて頂きました。このほか、電話ブースやら喫煙室など、さまざまな設備がありました。もっと写真を撮りたかったのですが、人が多い所で写真を撮るのが苦手なワタクシ…これが限度でした(涙)。食べ物の紹介がないやないか!とお叱りを受けそうですが、それは次回…お楽しみに!
[PR]
by TAROAIR | 2010-05-22 10:30 | 飛行機
TAL163便 go! 後編
b0186666_17391868.jpg

今回のビッグアイランド旅行では、go!というキャリアを利用しました。前編は、TAL162便をご参照ください。当便では、go!のキャビンを紹介させて頂きます。では、さっそく!


・キャビン
b0186666_17393342.jpg

シートは、世界中のローコストキャリアで一般化している革シートです。高級感というより、布製シートよりお手入れが簡単だということで、広く採用されています。J-AIRやアイベックスエアラインも、同じ革シートを搭載しているようです。


・中国語
b0186666_17394626.jpg

復路のキャビンでは、いたるところで英語とともに中国語表記が見られました。調べてみると、go!に導入される前は中国を飛び回っていた機体のようです。広大な中国国内を飛び回っていたんだ…と考えると、感慨深いもんです(ワタクシだけ?)。どこからか八角の匂いが…してくるわけないですね、すみません…ははは。


・ぎょえっ!
b0186666_1740037.jpg

む…、虫さんこんにちは。飛行機の窓は3層構造になっており、その間で虫が亡くなられておりました(涙)。いったい、どこの虫やろうか…。中国から輸入された虫ならすごいよなぁ…なんてアホなことを考えながら、窓の外を眺めておりました。


キャビンを見渡すとキレイに見えますが、そうでもありません。シートの継ぎ目がほつれていたりと、あまりコンディションは良くありませんでした。機体が新しいこともありましたが、モクレレ航空のエンブラエルのほうがはるかに快適でした。もっといえば、30年近く経ったB737を使っていたアロハ航空のキャビンの方が、キレイやったと思います。

では、次回からハワイ島の感動した景色をフィーチャーいたします!

―最後に
本日、後輩のUichiが日本へ帰国いたしました。ビッグアイランド旅行のほか、オアフ島ではロードバイクで島を周ったりセスナ体験操縦をしたり、ものすごく濃厚なステイやったんではないでしょうか。その様子も織り交ぜながら、TALで紹介させて頂きます。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-19 17:30 | 飛行機
TAL162便 go! 前編
b0186666_7225557.jpg

今回のビッグアイランド旅行は、go!を利用しました。ハワイアン航空とアロハ航空の2強時代に彗星のごとく現れ、ハワイの格安航空券戦争を巻き起こした会社です。アロハ航空は倒産に追いやられ、ジェット機でハワイ諸島を運航するエアラインはハワイアン航空とgo!のみになりました。以前紹介させて頂いたモクレレ航空も、現在はgo!と統合されてしまいました。運航会社は米本土のメサ航空という会社で、使用機材はボンバルディア製のリージョナルジェット、CRJ-200での運航です。


・ターミナル
b0186666_7233398.jpg

使用するターミナルは、インターアイランドターミナルではなく、コミューターターミナルです。国際線到着口からも遠いので、乗り継ぎの方は不便かもしれません。が、雰囲気はなかなかです。「ここはホノルル空港か?」と勘違いするような、こじんまりしたターミナルです。


・CRJ-200
b0186666_7234712.jpg

これが搭乗機です。50人乗りの小さなジェット旅客機です。モクレレ航空と統合後、機体にはモクレレ航空のロゴも追加されています。日本国内でも、JAL系のJ-AIRやアイベックスエアラインズが同型機を使用しており、ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。大型機とは違い、キビキビとした動きを楽しむことができます。ひぃーーーはーーーっ。


・Uichiは…。
b0186666_7235923.jpg

今回は、コナ空港で待ち合わせをしました。Uichiは成田から直行便でやってきました。成田/コナ線は、JALウェイズのB767による運航です。この飛行機はコナ到着の後、ホノルル経由で成田まで飛行します。ということなので、コナから成田までの直行便はありません。しかし、JALのB767ってかっこ良いですよね!いつか操縦してみたい…ははは。


ということで、ビッグアイランド旅行はgo!での幕開けです。後半は、go!のキャビンを紹介させて頂きます。このキャビンが…(涙)。つづく。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-17 07:30 | 飛行機
TAL159便 航空券
昨夜、春の日本帰省の航空券を手配いたしました。ひぃーーはーーーっ!今回は、ようやく貯まった4万マイルを使って特典航空券を利用します。ワタクシ、マイレージカードにクレジットカード機能を付けていません。なので、4万マイルまでの道のりは長かった…。この7月にそのうちの約3000マイルが失効になるので、思いっきり使っちまいました。


・ディスカウントマイルキャンペーン
b0186666_6245926.jpg

なんと、4月1日~5月31日の搭乗分はディスカウントマイルキャンペーン中であります!ありがとう、日本航空!ハワイ/日本間は通常4万マイルが必要なのですが、期間中は3万マイルで特典航空券をゲットできます♪ ひぃーーはーーーっ!そのおかげで、特典航空券枠に空席があまりなかったので、往路は大分ではなく福岡着になってしまいましたが…。


・片道は…。
b0186666_6252723.jpg

ディスカウントマイルキャンペーンのおかげで、片道はエグゼクティブクラスに搭乗できますっ!ひぃーーはーーーっ(しつこい?)!で、アップグレードを往路にしようか復路にしようか迷いました。フライト時間が長いのは日本行き(往路)やけど、夜のフライトはハワイ行き(復路)。で、日本搭載機内食のほうが期待できるのと、ラウンジの充実さを考慮し、復路をエグゼクティブクラスにしました!成田空港のサクララウンジは、いろんな食べ物もあるし、アルコールも飲み砲台であります。なので、成田に早めに着くように便をやりくりし、ラウンジライフを満喫する予定です…ふふふ。

※あ、「砲台」やなくって「放題」…、面白いというかこっちの方がピッタリなので、そのままにしておきます…ははは。


ということで、昨夜は興奮のあまり燃えつきました…。で、TALは欠航…ははは。しかし、何年ぶりの「まとも」なビジネスクラスでしょうか。昨年は2度もたなぼたアップグレードをして頂きましたが、大きな顔で搭乗できるもんでもありません…(あ、顔は大きいですがね・涙)。今回は、タダとはいえ、今までの実績でビジネスクラスであります。堪能させて頂きますぞーーっ。ありがとう、JAL!!ひぃーーーーーはーーーーーーーっ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-03-08 06:30 | 飛行機