タグ:Le Salon de Hawaii ( 109 ) タグの人気記事
TAL254便 ありがとう、かまえ号
b0186666_1831354.jpg

本日、我が主力機「かまえ号」が勇退いたしました。日本へ持って帰ろうと考えていたのですが、教官が引き取ってくれるとのことなので、ハワイへ残して帰ることにしました。かまえ号の運航開始は2009年4月頃でした。約1年半という短い期間ではありましたが、幾度ものトラブルに見舞われながら、頑張って走り続けてくれました。新たなハワイを発見できたのもかまえ号のおかげです。さらに、ワタクシがパイロットになるまでの過程を見守ってくれていたのは、かまえ号だと言っても過言ではありません。これから我が教官は、かまえ号で空港の中を走り回ってくれることでしょう。新天地もやっぱりヒコーキ関係のかまえ号、これからも元気で飛びまわっておくれ。


かまえ号よ、再び重いおっさんを乗せることになった…すまぬ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-25 18:00 | 終わりなき疾走
TAL253便 ザ・カハラ
b0186666_15314174.jpg

じい&ばあがハワイ入りし、忙しい(?)毎日を送っております。約3週間と長めの滞在であり、最初の5泊はザ・カハラで過ごしております。ワタクシも朝からザ・カハラに行く日々が続いており、体調維持のためにアジトから走って通っております。ザ・カハラに宿泊するのは、マンダリン・オリエンタル時代以来なので5年ぶりぐらいでしょうか。あくまでも個人的な意見ですが、部屋を含め全体の雰囲気はマンダリン・オリエンタル時代の方が好きかも…。えっ、「部屋の写真はないのかっ!」って?撮ろうと思った時には荷物を広げており、時すでに遅し。こんなんでいいのか…TALよ(涙)。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-20 15:30 | Le Salon de Hawaii
TAL252便 最後の晩餐(ひとり編)
b0186666_17385950.jpg

明日の朝、じい&ばあがハワイ入りします。11月に入ると母ちゃんもハワイ入りするので、「ハワイひとり暮らし」は今夜で終わりです。ひとりでの最後の晩餐は、迷うことなく…。


・Henry’s Place
b0186666_17391587.jpg

高橋果実店こと「Henry’s Place」のフルーツとサンドウィッチにしました。ハワイ生活を語る上で、もっとも重要な存在のひとつがこのお店であります。極端な話かもしれませんが、Henry’s PlaceがなければTALは存在していなかったのです。そんなことを思いながら、フルーツを頬張りました。やっぱり、うまかった。これを食えなくなるのが一番辛いかも。


ありがとう、ヘンリーさん。帰るまで、行きまくります。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-17 17:30 | クルーミール
TAL251便 動物園とアートとエールフランス
アジトはワイキキ動物園の目の前に位置しております。部屋の向きによっては動物の鳴き声が聞こえるとか聞こえないとか…、幸い我が潜伏先には聞こえてきません。で、最近、ワイキキ動物園のエントランス付近の工事が始まっております。


・アート
b0186666_17242918.jpg

工事現場を仕切る壁には、このような素敵な絵が描かれております。ジャングル、ビーチに海の中など、多彩な世界が広がっています。芸術音痴のワタクシですが、こういう絵は結構好きなんですよね。


・パンがなければお菓子を食べればいいじゃない
b0186666_17244555.jpg

よ~く見ると、ヒコーキが飛んでおりました。さらに目を凝らしてみると、AIR FRANCEっち書いちゃるし。で、アントワネットさんがI LOVE HAWAIIやそうです。え、マリー・アントワネット?ううむ、これは落書きなんか?それとも、作者のいたずら?こそーっと、JALのヒコーキの絵も描いちゃろーか。


動物園の目の前に住んで6年以上が経ち…。実は、中に入ったことがございません。カピオラニ公園を歩いていると、キリンの頭が見えるくらいであります。入ってみようか動物園…ううむ。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-16 17:30 | Le Salon de Hawaii
TAL250便 あなたに今夜はワインをふりかけ
帰る直前になって慌てないように、アジトの不要品の整理を始めました。「こんなもんまで残してたんや…捨てたろ。」と、ゴミ袋がどんどん一杯になります。残そうと思った時には心惜しかったものも、今になるとポンポン捨てられるもんです。いやはや…。で、アジトのえせワインセラーから、思いがけないワインを発掘しました。こりゃー飲むしかあるまい、へっへっへ(ドケチ虫ことジェームズくん風)。


・テーブルワイン
b0186666_13283220.jpg

去年?いや、一昨年?にマウイ島へ行ったときに買ったワインです。パイナップルワインで有名なテデスキーワイナリーのテーブルワインです。


・ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル
b0186666_13284692.jpg

久しぶりに「不思議なハウピアパイ」が食べたかったので、ダイヤモンドヘッドマーケット&グリルへ買い出しに行きました。作るのが面倒なので、デリでビーフストロガノフとサラダをお買い上げしました。このビーフストロガノフ、牛肉がゴロゴロ入っていて美味い!一昔前の“当り!”の機内食みたいな感じです(意味不明)。これとワインが合う!ひっひっひ。


ということで、あっという間に一本飲んじまいました。ほろ酔い気分で、カラカウアでも散歩しましょうか…。いや、さっと歩いてカロリーを消費せねば!
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-15 13:30 | クルーミール
TAL249便 L&L
今日、不動産会社に退去に関する打ち合わせに行ってきました。鍵をお返しする日が決まり、アジトでの生活もあとわずかとなりました。さらに、今週末からじい&ばあが上陸するので、「ハワイひとり暮らし」はあと数日でピリオドとなります。ハワイ地点撤退が刻々と近づいてきております。で、不動産会社で打ち合わせが終わって腹が減ったので…。


・L&Lドライブイン
b0186666_1281717.jpg

先日、やなぎ13さんのブログで日本上陸が紹介されていたL&Lです。ハワイでお馴染のプレートランチ屋さんです。実は、ハワイに6年以上住んでいるにもかかわらず、L&Lには3~4回しか行ったことがありません。渋谷店に行く前に、ちょっと本場を偵察しようと行ってまいりました。


・モチコチキン
b0186666_1284316.jpg

モチコチキンとはハワイの定番ローカルフードです。お店によって色んなアレンジがありますが、簡単にいえばモチ粉をまぶして揚げたチキンです(簡単過ぎ?)。大体のお店は甘辛い味付けで、大分県名物の唐揚げに慣れていると甘すぎるんですよね。で、ここのモチコチキンもご多分に漏れず甘かったのですが、そんなにしつこくなく美味しく頂きました。でも、aloalo8さん力作のモチコチキンのほうが美味しいんやろうなぁ…。


L&Lはチェーン店ですが、お店によって味が違うとよく言われています。渋谷店と比較する前に、ハワイ州内だけでも比較が必要なようです…ううむ。とにもかくにも、次は渋谷店に直撃してみようと思います。いつになることやら…。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-13 12:00 | クルーミール
TAL248便 忘却のディップ
以前…と言っても去年の話ですが、ハワイのニールブレイズデルセンターで様々な業種の展覧・販売会がありました。食品から宝石まで、製造業者や問屋が一同に会して行われる大きなイベントでした。入場するには招待状が必要なんですが、小売店を通さないのでとても安く購入することが出来ます。で、ワタクシが購入したのが、エジプト綿のベッドカバーと…。


・ディップミックス
b0186666_10244631.jpg

試食してあまりの美味しさに、数種類を買いあさりました。野菜スティックにつけてもよし、プレッツェルやチップスにつけてもよし、万能ディップです。フレイバーはチーズやオニオン、ハーブ系などたくさんあり、4~5種類買ったような記憶があります。


・こんな感じに変身
b0186666_10252432.jpg

昨日、アジトの食品保管庫を整理していたら、まだ残っていました…。ということで、久しぶりに作ってみました。サワークリームとマヨネーズ(アメリカ製がおすすめ)を1カップずつ用意し、このミックスと混ぜるだけです。一晩ほど置くと、味がいい具合になじみます。荒塩がアクセントのプレッツェル(棒状)につけて頂くと、止められません…うまいっ!あ…あまり美味しそうな写真やないかも…ごめんなさい。


前から紹介させて頂こうと思っていたのですが、躊躇する理由がひとつ。じ…実は、ハワイには売っておりません。ということで、サンフランシスコからお取り寄せしかありません。ハワイに居ながらニューヨークから香水、サンフランシスコからディップ…、便利な世の中になりましたなぁ。(←話を変えるなっ!実は忘却の彼方やったくせに)
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-08 10:30 | クルーミール
TAL247便 Murphy's
b0186666_6561326.jpg

ダウンタウンにあるアイリッシュパブ“Murphy’s”へ行ってきました。ダウンタウンは古き良き建物が残っているエリアでもあり、ここもレンガ造りの素敵なお店です。アイリッシュパブといっても、Bar & Grillなのでレストランのように料理も楽しむことが出来ます。店内もオシャレな雰囲気かつカジュアルで、気取らずに楽しめるお店やと思います。


・シェパーズパイ
b0186666_6565979.jpg

ワタクシ、マスタングでやってきたので、お酒は飲めません(涙)。っちゅーことで、食います。アイルランドや英国の代表料理といえば、シェパーズパイ!ワタクシ、シェパーズパイが大好きであります。簡単にいえば、お肉(シチューやミートソースっぽい感じ)の上にマッシュポテトを乗せて焼いた料理です。Murphy’sはアイリッシュレストラン、期待を裏切らない美味しさでした。


・ブレッドプディング
b0186666_6571753.jpg

ここのブレッドプディングは、今まで食べたなかでもトップクラスに美味しかったです。ワタクシ、プレッドプディングに目がありません…。しっとりとしたブレッドプディングとアイリッシュウィスキーソースが最高のハーモニーを奏でております。これだけ30皿ほど頂きたい感じでした…(なんじゃそりゃ)。


お酒を飲まなくても、十分に楽しめるアイリッシュパブでした。他にも、美味しそうなアペタイザーやフィッシュ&チップスなど、試してみたい料理がたくさんありました。ううむ…帰国するまでに、もう一回行く可能性が高い…ははは。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-06 07:00 | クルーミール
TAL245便 夕暮れのダイヤモンドヘッド 最終章
好評(?)の「終わりなき疾走 ~夕暮れのダイヤモンドヘッド~」、いよいよ最終回となりました。ひたすらに走り続けております。あんこ機長、走破なるか!?


・交差点
b0186666_1546465.jpg

モンサラットアヴェニューを下り終えると、パキアヴェニューとの交差点があります。モンサラットアヴェニューを直進すれば、すぐにアジトに到着できます。が、ダイヤモンドヘッド一周にはなりませぬ…。ということで、パキアヴェニューを左に曲がります。


・カピオラニ公園
b0186666_15461970.jpg

すると、右手に広大なカピオラニ公園が見えます。パキアヴェニューはカピオラニ公園を一周するランニングコースでもあるので、夜遅くにもウォーキングやランニングをしている方たちがたくさんいたりします。


・ダイヤモンドヘッド捕捉中
b0186666_15463456.jpg

左手には、ちゃーんとダイヤモンドヘッドを捕捉しております。


・ゴール!
b0186666_154720100.jpg

しばらく走ると、やっとゴールです。一周なので、スタート地点がゴール地点となります。ダイヤモンドヘッド1周の走行距離は、約6.3kmです。いやはや…、楽しみはまだこれから!


・深々とした夜の闇へ
b0186666_15473491.jpg

クールダウンのために、再びカラカウア通りを歩きます。往路と同じ道は通りたくないので、サンスーシービーチあたりから海辺の道を歩きます。サンセットの余韻が美しいワイキキの空です。


・一番星
b0186666_15474642.jpg

写真中央より少し下に星が見えますか?この日に見ることが出来た一番星でした。ひときわ輝く一番星は、たゆみない宇宙の営みを告げています。やっぱりここは「ミスターロンリー」でしょう。


・ワイキキの夜景
b0186666_1548072.jpg

海沿いの道を歩くと、このような絶景も堪能できます。ワイキキの街は、夜の顔へと変貌を遂げようとしています。人も少なくなってきているので、波の音がいっそう大きく聞こえてきます。こんなときは「二人の夏」なんていいかも。


・アジト着!
b0186666_15482147.jpg

アジトのあるカパフル通りに戻ってきました!ランニングとウォーキングを合わせた総距離は9.5kmほどでしょうか。さて、次は夕食の準備…(涙)。


3回にわたって、「終わりなき疾走 ~夕暮れのダイヤモンドヘッド~」をお送りしました。楽しんで頂けましたか?夕方になると、カピオラニ公園だけでも美しい景色を満喫できます。あと1ヶ月半でこの景色ともお別れ…(涙×747)。長い間、お付き合いのほど、ありがとうございました。
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-02 16:00 | 終わりなき疾走
TAL244便 夕暮れのダイヤモンドヘッド 第2章
「終わりなき疾走 ~夕暮れのダイヤモンドヘッド~」の続きです。前回は、ダイヤモンドヘッドロードの海側を紹介させて頂きました。まだまだ、ワタクシは走り続けます。


・下り坂へ
b0186666_710825.jpg

たくさんのサーファーたちを右手に見ながら、ひたすらに東へ進みます。すると、緩やかな下り坂となります。ここは体重に任せて、じわじわと降下します。


・分かれ道
b0186666_7102642.jpg

すると、大きな交差点が現れます。ダイヤモンドヘッドを一周するダイヤモンドヘッドロードは進行方向左側です。ここから再び緩やかな上り坂の道が続きます。走る時って、上り坂の方が楽なんですよね。ちなみに、もう一方の道をまっすぐ行くとザ・カハラに行くことが出来ます。


・ダイヤモンドヘッド登山口
b0186666_711033.jpg

ここがダイヤモンドヘッド登山口です。と、まさか、ジョギング中に山登りはしないので見送ります。ここの頂上からの景色もとても綺麗なんですよね。ううむ…書いてたら登りたくなってきた。


・エマージェンシー用施設
b0186666_7112829.jpg

ランニング中に緊急事態が発生することがあります。そんなときの味方が、ダイヤモンドヘッド登山口の斜め正面にあるトイレです、ははは。ランニング中に催したら、ここへ駆け込みます。ワタクシ、以前…あ、やめとこ。


・カピオラニコミュニティーカレッジ(KCC)
b0186666_7115793.jpg

我が母校、カピオラニコミュニティーカレッジです。ハワイ大学マノア校に編入する前は、この学校に通っていました。ハワイ大学システムのなかのコミュニティーカレッジで、一般教養などを学ぶことが出来ます。


・再び下り坂へ…。
b0186666_7121228.jpg

KCCのあたりで上り坂が終わり、再び坂を下り始めます。17:30ごろアジトを出発した理由がここにあります。ダイヤモンドヘッドロードから夕陽が見えます!水平線に沈みゆく夕陽を眺めながら走ります。ちなみに、もうちょっと暗くなるとワイキキの夜景も一望できます。


・モンサラットアヴェニュー
b0186666_7123357.jpg

ダイヤモンドヘッドロードは、途中からモンサラットアヴェニューへと名前が変わります。ちょっとややこしいですが、一本道なので迷うことはありません。しかし、夕陽が美しいです。こういうときは…「夕陽は赤く」でしょう!いや、「夕映えの恋人」?


・ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル
b0186666_7125336.jpg

モンサラットを進むと、「不思議なハウピアパイ」でおなじみのダイヤモンドヘッドマーケット&グリルがあります。グリルから良い香りが…。ぐっとこらえて、走り続けます。


ということで、次回が最終章となります。ダイヤモンドヘッド1周走破まであとわずか!まだまだ走り続けますでー!
[PR]
by TAROAIR | 2010-10-01 07:00 | 終わりなき疾走